スタッフの講座レポート

新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」マスタープログラム第六部の感想

はじめまして。

心理占星術研究会スタッフのchieです。
新里先生のノエルティル式占星術師養成コース、第六部を終えて。

わたしはまだすべてのレポートを提出し終わっていないので、
まだこれから、という気持ちもあるのですが、
新里先生のリアル・オンラインセミナーを受講し終わっての感想です。

 

 

感想

ノエル・ティル心理占星術マスターコース(準個人レッスン)前半の第五部では、
これまで第一部〜第四部までのセミナーで身につけた知識を洗練させ、
プロの占星家として使う技術にまで高める内容でした。

後半の第六部は、適職判定、人間関係、健康面など重要な技術を身につけ、
カウンセリング技術の向上をはかる内容です。

 

新里先生の説明は、簡潔で分かりやすく、要点がポンと目と頭に飛びこんできます。

パワーポイントを使って、要点をみやすくまとめてくださっていて、
言葉と目でしっかりと確認しながら学ぶことができました。

 

第六部では、適職判定や相性のシナストリーなど、
著名人や、先生の実際のコンサルテーションのホロスコープを例にして、
くわしく、実際にコンサルテーションで使用した分析方法、
コミュニケーションの様子を知ることができます。

ノエル・ティル式の技法を使い、実際に相手と対話する、
あるいは実在の人が生きた形跡を追う、ことで、
ホロスコープのしめす象徴が、生々しい現実として浮かびあがっていくさまには感動します。

その技法を使った結果や、象徴の意味が、ピタリとあてはまることへの興味深い感動ももちろん、
実際の人の生きざまに寄りそっている、という信頼があって。

 

第六部では、カウンセリングの技術も学びます。

話のはじめ方、
予約の時からはじまるプロとしての印象の与え方、
占星家の一方的な決めつけにおちいらないように
クライアントの心理状態をたしかめながら話を進めるテクニック、
クライアントが主体的に未来にとりくむ意欲を刺激する問い、
これまでの苦しいパターンをかえてあたらしい習慣を身につけるための言葉(マントラ)の贈り物、
など。

さまざまな実践的な技術と、クライアントに向かいあう心の在り方、を惜しげもなく伝えてくださいます。

 

第六部は(第五部もそうですが)、セミナーを受講するだけでは完結せず、
その後、マンツーマンの指導に匹敵するような、
新里先生によるレポートの添削も大きな魅力だと思います。

もちろん、レポートの作成は険しい山を登るように感じることもありますが、
その一歩一歩が確実な成長にむすびついている実感があります。

それほど真剣にとりくめる課題だし、新里先生の添削は、充実したテキストのようで、
復習すると、さらに理解が深まります。
やはり聴くだけではなく、自分で考え、調べ、言葉にする、というのは、
全然ちがうなーと感じました。

レポートを終える頃には、わたしも、確かな技法を身につけたうえでの、
自分らしいコンサルテーションのスタイルというものを見つけられている、と思えます。
半ばの今でも、コンサルテーションが的確になり、相手との会話が深まっているのを感じています。

 

わたしは、長く、洋裁をしてきました。

厳しい職人気質の洋裁の先生と接してきた経験があるから、
こういう感覚が浮かぶのかもしれませんが、
ノエル・ティル式の占星術技法と新里先生の姿には、
実際に現場で培ってきた経験に裏うちされた、確かな技術の伝承、という印象があります。

分かりやすくまとめられた技法の数々と、シンプルな説明の裏には、
人の心や体、現実の社会のしくみや、暮らし、への洞察と理解にかけられた、
膨大な時間や研究、があるのだと思います。

それらから生まれた技術を使いこなし、
(専門用語を使わない)自然な会話をとおして、セラピーや気づき、
そして現実の行動へ、とクライアントさんが自ら動いていくようなセッション。
「職人技であり、アートだなぁ」と、
第六部の最後の新里先生のリアルコンサルテーションを聴いて思いました。
憧れます。

 

いまわたしは第五部の再受講中です。
第一部をノートをあらためてとりつつじっくりと聴きなおしました。

1回目も真剣に聞いていたつもりですが、「そうか!」という学びがさらにありました。
その学びをもって自分のホロスコープをみたら、
ちょうどいま痛みのように感じていることの理由が分かり、
タイムリーでしたし、向きあうべきものがつかめてよかったです。

 

ホロスコープをつうじて、人の存在について深く理解したい、
そして、その力を仕事に生かしたい、と願うわたしにとって、
このセミナーとの出会いは大きなものでした。
ありがとうございます。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

第三月曜研究会(心理占星術的ホラリー)の講座

ホラリー研究会 @ 第三月曜研究会 【代々木&オンラインセミナー】


ホラリーの基礎的知識をお持ちの方のための、実践研究会です。

各メンバーが、読みたい題材を持ち寄って、全員でリーディングします。
他愛のない題材から、深刻な悩みまで。
単にリーディングするだけでなく、どのように答えるのか、どのように解決策を見出すのか。

ホラリーカウンセリングはクリエイティブな作業です。
象徴理解を深めるためにも、もってこいの手法です。

当ホラリー研究会では、トランスサタニアンやサビアンシンボルも考慮しています。

古今東西のホラリー研究家の研究を参考にしながらも、自由にホラリーを楽しんでいます。

サビアンシンボルはわからなくてもいいです。
ミッドポイントや小惑星が得意な方は、それを解釈に組み込んでいただいてかまいません。

一緒に、クリエイティブなホラリーリーディングを楽しみましょう。
各メンバーが自由に発言する、にぎやかな研究会です。


☆お試し参加☆
1回のみ、お試し参加(2500円)が可能です。



 

 

 

丸 ホラリー研究会(第三月曜研究会) 丸

 

【日 時】 毎月第三月曜の19:30〜22:30(3時間)

 

【受講料】 12,000円(全6回6ヶ月分:1回あたり2000円)一括払いのみ

 

※振込期限:初受講日の5日前
※振込み期限後の受講料は上記金額より500円アップとなります。

※領収証の発行はしておりません。
お振込み控えが領収証として公的に認められますので、大切に保管されてください。

※ご入金確認について
ご入金確認メールは省略させていただいております。
期日までにご入金がなかった場合のみ、ご連絡させていただきます。

※キャンセル料
講座前日まで:1,000円
講座当日以降:講座料金全額

 

 

【参加資格】

 

1)ホラリーの基礎的知識をお持ちの方。

 

2)毎回参加できる方

 

 リーディングの練習会ですので、毎回参加が基本です。
やむをえず、お休みされた回は、音源をお渡しします。
お休みが多い方は、会員資格を更新できません。

 

 


【参加方法】

 

第三の眼・代々木店での対面参加 
オンライン参加(Webex) のいずれか

 

代々木店の地図→☆☆☆
オンライン参加の方法→☆☆☆

 

 

【注意事項】

個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、
音源、画像、出生データ、およびプライバシーは、ご自身の勉強のみにご利用ください。
第三者への開示、転送、公開は禁止しています。
講座日程は、諸般の事情により、変更になる可能性もございます。
万一、変更が生じた場合は、速やかにお知らせいたします。

※このセミナーはTRIOLITE JAPAN26のオンラインシステムをお借りして開催します。

 

 

【お申込み】

上記、注意事項を遵守していただける方は、以下のフォームよりお申し込みください。

http://form1.fc2.com/form/?id=682969

 

 

【講師プロフィール】
石塚隆一 

 

☆.* 参考記事 *.☆.

ホラリー占星術は象徴理解を深めるトレーニングの場になる

 

 

 

 

☆.* 心理占星術研究会について *.☆.
http://astro-psycho.jugem.jp/? eid=48

 

 

☆.* お問い合わせフォーム *.☆.

ご質問、不明点のお問い合わせは、以下のフォームからお願いいたします
http://form1.fc2.com/form/?id=748277

 

 

 

新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

 

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

 

   ニュースレターご登録ページ

 

サビアン研究会&講座

サビアングループ研究会 Sabian Assembly Japan  【オンラインセミナー】

サビアングループ研究会は、過去のサビアンシンボル研究者の研究成果を参照し
理解を深めつつ、その先へと向かう研究会です。



● 研究会の流れ ●

各サインのサビアンシンボルを5度区分で6グループに分け
毎回、任意の1グループ(5度)の研究を進めていきます。



▲ 基礎編:3時間 ▲

基礎編までに、メンバー各位は、先達の研究者の書籍を読み込み
これまでの研究成果を頭にいれておきます。

その上で、該当の度数域に重要な天体を持つ人物を選定し
人物研究、ホロスコープ研究を行い、サビアンがどう現れているのかを検証します。

1ヶ月という時間をかけて研究を進めるうちに
たいてい、先達の解釈におさまりきらない気付きが生まれます。
それを元に、自分なりの理論と解釈を組み立てレポートにまとめます。

基礎編当日は、まず、リーダーの石塚隆一氏が
各サインおよび、テーマとなる度数域の解説を行います。
また、独自理論による、各度数の解釈を提示します。

次に、すずきふみよし氏が
サビアンの創始者である、マーク・エドモンド・ジョーンズの原典の訳文を提示し
サビアン解釈の発展に多大な功績を残した、ディーン・ルディアの解釈の解説を行います。
それを元に、全員でディスカッションを行い、各度数への理解を深めていきます。

ジョーンズの解説は、それ自体が詩文のようでもあり
単に読み下しただけでは、わかりにくいことが多いのですが
1ヶ月間、自分なりに研究を深めてきたメンバーであれば
その意味を、ある程度、汲み取れるようになっています。
その気付きをシェアすることで、全員の理解が深まっていきます。

その後、メンバーがレポートをプレゼンします。
ジョーンズやルディアによるサビアン解説という先入観が入る前に
作成されたレポートには、新鮮な独自性が宿っていることがあります。

実在の人物の中で、生き生きと具現化しているサビアンの様子から
さらに、各度数への理解が深まり、新しい気付きがもたらされます。

ファシリテーターである北園イオとKyokoは、模範となるレポートを作成し
メンバーのディスカッションが有意義に進むようリードしていきます。


▼ 応用編:3時間 ▼

応用編は、すべての時間が、メンバーによるレポートのプレゼンにあてられます。

基礎編での新たな気付きの後、2週間の熟成がされているので
サビアンへの理解は、さらに深まってきています。

メンバーは事前に提出されたレポートを読み込み予習しています。
プレゼンの後、各メンバーが、感想や気付きをフィードバックし、ディスカッションを行います。

各レポートは、対象度数のサビアン研究に終わらず
サビアンを活用したホロスコープリーディングともなっているので
他者のリーディング手法の勉強にもなります。

サビアンシンボルは、単独で機能するのではなく
ホロスコープ配置によって、引き出される意味合いが異なることも理解されます。

応用編が終わった後も、メーリングリストで、気付きがあれば
随時、シェアリングが行われ、フィードバックを受けます。

サビアングループ研究会の研究は、365日、続いているのです。


◆ 今後の流れ ◆

サビアングループ研究会は2015年4月に発足しました。

全部で72グループありますので、1年に12グループずつ進めますと
360度すべて取り上げるまでに、6年かかることになります。

しかし、サビアン創始者のマーク・エドモンド・ジョーンズは
研究成果の発表までに30年という月日をかけました。
彼は月に1度ずつ研究を進めた計算になります。

それに比べれば、6年という月日は短いといえるでしょう。
もしかしたら、サビアン・アセンブリー・ジャパンも30年間続いていくかもしれません。

それほど、サビアンは、奥深いものであると
研究を進めれば進めるほど、実感されるようになっています。

グループで研究を進めることで
ひとりで研究を行うよりも、飛躍的に速いスピードで理解が深まり
さまざまな視点から検証できることが最大のメリットです。


■ メンバー(研究員)になりたい方へ ■

サビアングループ研究会においては、ひとりひとりのメンバーが研究員です。
各自が積み上げてきたことや気付きをシェアし、互いに刺激し合うことによって
ひとりでは、たどり着けなかったところ迄、到達することを目指しています。

このグループ研究会を引っ張っていくファシリテーターはそれぞれ、
個性もバックグラウンドも、異なっています。

また、このサビアングループ研究会で得たいものも、人それぞれです。

ですので、メンバーになりたい方も、ご自身の切り口やテーマをもって
ご自身のバックグラウンドを活かせるような、活動をしていただきたいと思います。
異なる視点とスキルが豊かさにつながります。
お互いに与え合うことで、研究会は発展していきます。

「課題提出なし、発言なし、聞くだけ参加」はできませんので
事前にご了承いただければと思います。

当研究会では、すべての参加者が自由に安心感をもって発言できるよう
メンバー間の信頼関係が築かれることを重視しています。

継続参加が可能な方のみ募集するのはそのためです。
お互いを知り合い、友人になっていける環境づくりに努めています。

他者の意見を否定しない、第三者に研究会でシェアされた情報をもらさない
というお約束をいただける方のみご参加ください。


♯ 参加資格 ♯

1)第一火曜か、第四金曜の夜、いずれか、両方とも、オンラインでリアル参加できること。
できるだけ両方とも参加されることを推奨します。

2)占星術の基礎的な知識がありトランシット、プログレス、ソーラーアークがわかること。

3)サビアンの本を2冊以上熟読していること。

4)参加の前々日までに課題を提出し、研究会時に口頭でプレゼンできること。

5)上記、【メンバーになりたい方へ】ほか、研究会の趣旨に賛同いただけること。


第一火曜か第四金曜、いずれか一方に参加されると、もう一方の録画も視聴いただけます。
どちらにもリアル参加されなかった月の録画や資料のシェアはありません。
※准会員のみ、受講料は次月まで持ち越しできます、翌々月には持ち越しできません

 

 オリエンテーション講習 

途中から参加される方がスムーズに研究会に溶け込んでいただけるよう、事前にオリエンテーション講習(約60分×2回)を開催しています。


オリエンテーション講習(1)

これまで、サビアングループ研究会で積み上げてきたこと
プレゼンレポートの作成方法についてレクチャーします。
過去のレポート(個人情報の含まれていないもの)をいくつかシェアし、
ご自身のレポートを作成していただく際の参考にしていただきます。


オリエンテーション講習(2)

2回目のオリエンテーション講習までにレポートを作成いただきます。
実際にプレゼンをしていただき、完成度を高めるためのアドバイスを受けます。
当研究会にご参加いただく準備が整いましたら、本会員か準会員として活動を開始いただきます。
プレゼンを作成いただくのに時間が必要ですので、オリエンテーション終了までに約1ヶ月かかります。
オリエンテーションにご参加いただいてから、会員になるかどうかを決めていただいて結構です。

 

 

サビアングループ研究会 Sabian Assembly Japan

 

日時

基礎編:翌月の第一火曜19:30〜22:30 
応用編:第四金曜19:30〜22:30

 

場所

オンライン(定員なし)※代々木・第三の眼とオンライン実況中継で開催します。

 

リーダー

石塚隆一

 

ファシリテーター

北園イオKyokoすずきふみよし (50音順)

 

お試し参加(1回のみ)

4,000円(1か月分:基礎編&応用編の合計額)
基礎編&応用編ともリアル参加できる方。お試し参加は1回(1ヶ月)のみです。

 

入会前のオリエンテーション講習

15000円(約60分×2回分の合計額)
kyokoが担当します。

 

入会後の参加費

入会金:5000円
本会員(半年分前納):3300円/月×6ヶ月=19800円
準会員(3か月分前納):4000円/月×3ヶ月=12000円
※本会員はサビアン研究会メーリングリストに参加できます。

 

5月のテーマ

さそり座16〜20度

調べる・観察する・応用するの3ステップで各サビアンの理解を深めていきます。

蠍座16〜20度のサビアンシンボルの意味を調べる

蠍座16〜20度のサビアンシンボルを観察する

蠍座16〜20度 のテーマチャートを読む(応用する)

 

1)調べる

松村潔先生のサビアン解釈をベースに ジョーンズ、ルディア等 様々な研究家の成果を参照しながら サビアンの奥底にあるものを探っていきます。
また、すずきふみよし氏から、ジョーンズやルディアの解釈について、講義をいただきます。

 

2)観察する

各参加者が 蠍座16〜20度の度数を持つホロスコープを持ち寄り サビアンがどのように現れているかを観察します。

 

3)応用する

1)2)のステップで深まったサビアン理解をもとにチャートを読んでみましょう。

 

 

宿題
(参加前々日までに提出。提出されない場合、参加できませんのでご了承ください)

蠍座16〜20度の解釈(2冊以上)を熟読する

蠍座16〜20度のうち、いずれかの度数を持つチャートをひとつ以上用意して、研究会でシェアする準備をする。(持ち時間20分)

※有名人の出生図、マンデン図、ホラリー図、国家のチャート等、どんなものでもOKですが、自分なりにどうサビアンが発揮されているか、説明できるように準備してきてください。チャートは必ず画像ファイルでご用意ください。また、書面でもシェアできるよう、要点をレポートにして、まとめてください。

 

 

注意事項

個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、音源、画像 、出生データ、およびプライバシーはご自身の勉強のみにご利用ください。 第三者への開示、転送、公開は禁止しています。

 

お申込みフォーム

上記、注意事項に同意して頂ける方は、以下のフォームからお申込ください。

http://form1.fc2.com/form/?id=868468

 

 

研究員のレポート

研究会発足1年半の感想
2016年11月:蟹座16度〜20度【基礎編】
2016年11月:蟹座16〜20度【応用編】
2016年12月:牡牛座21〜25度【基礎編】
伊丹十三の太陽【牡牛座24度】のサビアン分析
種田山頭火の土星【牡牛座22度】のサビアン分析
マーク・ザッカーバーグの太陽【牡牛座25度】のサビアン分析
バート・バカラックの太陽【牡牛座22度】のサビアン分析
美輪明宏の【牡牛座23度か24度】の太陽のサビアン
2017年1月:山羊座26〜30度【基礎編】

 

 

 

過去のサビアン・グループ研究会のテーマ


2015年4月:魚座26度〜30度
2015年5月:牡羊座11度〜15度
2015年6月:天秤座21度〜25度
2015年7月:蟹座1度〜5度
2015年8月:牡牛座6度〜10度
2015年9月:山羊座11度〜15度
2015年10月:乙女座16度〜20度
2015年11月:双子座21度〜25度
2015年12月:射手座26度〜30度
2016年1月:水瓶座1度〜5度
2016年2月:魚座6度〜10度
2016年3月:蠍座11度〜15度
2016年4月:獅子座16度〜20度
2016年5月:牡羊座21度〜25度
2016年6月:乙女座26度〜30度
2016年8月:天秤座1度〜5度
2016年9月:双子座6度〜10度
2016年10月:射手座11度〜15度
2016年11月:蟹座16度〜20度
2016年12月:牡牛座21〜25度
2017年1月:山羊座26〜30度
2017年2月:獅子座1〜5度
2017年3月:水瓶座6〜10度
 2017年4月:魚座11〜15度

 

今後のサビアン・グループ研究会のテーマ

2017年

6月:蟹座21〜25度
7月:牡羊座26-30度
8月:射手座1-5度
9月:乙女座6-10度
10月:牡牛座11-15度
11月:双子座16-20度
12月:山羊座21-25度

2018年

1月:水瓶座26-30度
2月:蠍座1-5度
3月:獅子座6-10度
4月:天秤座11-15度

 

 

参考記事

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1130

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1139

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1143

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1144

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1147

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1176

 

参加者のご感想

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1148

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1151

http://salviavia.jugem.jp/?eid=1154

 

星

 

オンライン参加に必要なもの

インターネットに接続したパソコン

※光ファイバー、高速ADSLを推奨
※高速モバイル接続は、音声が不安定になりやすいようです。
※iPhone, iPad でリアル参加はできます 。(画面が小さく細部が見にくく機能が限られます。また、録画の視聴はできません)
※iPad, iPhoneでリアル参加をされる場合は、事前にAPPストアにてWebexMeetingアプリ(無料)をダウンロードしてください。

ヘッドセット(バッファロー社製以外)

※マイク付ヘッドフォンのことです。
※アマゾンや電気店で販売されています、料金は1000円程度からあります。

 

オンライン参加方法

WebExというオンライン・セミナー・システムを使用します。

インターネットに接続したPCとヘッドセット(マイク付ヘッドホン)があればどなたでも容易に参加できます。
資料や、ホロスコープソフトを画面上で閲覧でき、マイクやチャットをとおしてコミュニケーションがとれますので、対面参加と変わらない臨場感です。
はじめてこのシステムをご利用になられる方や、久しぶりの参加で接続に不安のある方は、事前の接続練習に必ずご参加ください。
ぶっつけ本番では、接続は難しく、操作方法がわからず、円滑に研究会を進められないからです。
日時はお申し込み後の調整になりますので、お早めにお申込みください。
所要時間は15分で、難しくありません。
ヘッドセットはバッファロー製は相性が悪いので、その他のメーカーのものをご用意ください。

 

お問い合わせフォーム

ご質問、不明点のお問い合わせは、以下のフォームからお願いいたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=748277

 

World Asology ... 占星術の世界 ...

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

メールアドレス
第二月曜心理占星術研究会の講座

 『マンデン占星術 - 問題の核心をとらえる - 』@第二月曜研究会 【4/10スタート】


第二月曜研究会では、約半年毎に研究テーマが変わり、テーマ毎にメンバーを募集しています。

過去、6ヶ月、 「マンデン占星術 - 基礎から学んで一人で読めるようになる」 というテーマで、
さまざまなユニークなテクニックを学び、検証してきました。

 

その成果であるメンバーのレポートは、とても勉強になりますよ♪

 ⇒ 【 マンデンレポートvol.1】 1978年の宮城県沖地震

 ⇒ 【 マンデンレポートvol.2】 東海村JCO臨海事故

 ⇒ 【 マンデンレポートvol.3】 東京オリンピック

 


2017年4月からは、その続編である新テーマに移行します・・・
「マンデン占星術研究会− 問題の核心をとらえる−
2017年4月10日(月)スタート 全6回

 

続編ですが、第一弾を受講されている必要はありません。

また、5月からの参加も可能です!


トランシットやソーラーアークが理解できる方なら
どなたでも、ご参加いただけます。

 

社会的な動向や世相を考える占星術をマンデン占星術といいます

ひとりひとりの人間の営為の集合体である社会的動向

個人は、社会の中で生き、生かされているので
必ずトランシットという形で社会的動向や世相の影響をうけます

質の高いコンサルテーションを行うためには
占星術家も、社会や世相について、関心をもっておくことが必要でしょう

木星・土星は、社会天体と呼ばれ
天王星・海王星・冥王星は、時代を変化させる天体です


私達の人生の転機は…
トランシットの木星、土星、天王星、海王星、冥王星等の
影響を強く受けたときに訪れることが多いのです


マンデン占星術研究会で学ぶことをきっかけに
世相や歴史への関心も深まり、自然に勉強するようになるでしょう

社会や世相と、天体の動きとの、関連性への理解が深まるにつれ
『心理占星術コンサルテーション』のクオリティーも高まるでしょう

12サインの前半(牡羊座から乙女座)は【個の育成】
12サインの後半(天秤座から魚座)は【社会性の育成】

を、テーマとするといわれます

木星・土星・海王星・冥王星が【社会性の育成】の領域を移行中の今
社会の動向をテーマとする
マンデン占星術を深めていくには
まさに、ぴったりのタイミングです!

 

第二月曜研究会では、参加学習の時間を多くとっています。
学んだ知識を使って、即座に実践リーディングをしていきましょう。
毎回、宿題が出ますので、ぜひ、チャレンジしてください。
実力が飛躍的にアップすることを実感できるでしょう。

 

 

マンデン占星術 第二弾 − 問題の核心をとらえる−

 

参加資格

トランシット・ソーラーアークがわかる方

 

日時

第二月曜19:30-22:30
2017年4月10日(月)スタート 全6回 (2017年4月〜9月)

 

講師

石塚隆一

http://www.daisannome.biz/fortuneteller/ryuichi_ishiduka.html
http://astro-psycho.jugem.jp/?pid=2

 

内容

  • 4月   さまざまな国のチャート(1)

数カ国ずつのチャートを取り上げ、歴史や文化、最近のニュースなどを考える。

  • 5月   さまざまな国のチャート(2)

数カ国ずつのチャートを取り上げ、歴史や文化、最近のニュースなどを考える。

  • 6月   さまざまな国のチャート(3)

数カ国ずつのチャートを取り上げ、歴史や文化、最近のニュースなどを考える。

  • 7月  天候や気候、異常気象について
  • 8月  さまざまな出来事について
  • 9月    背景の意味意義を考えてみる

 

石塚隆一氏からのメッセージ

このマンデン勉強会では、特定の個人に注目するのではなく、
多くの人々がいっぺんに関わる社会的な出来事を考える方法を探求していきます。
しかし、もちろん社会的な出来事は個人と関係なく起きているのではなく、 密接に関わり合いながら動いています。

そして象徴も個人を考えるのと同じものを使っているので相互に関連しています
つまり、象徴の関連性を理解すれば、個人的な事象と社会的な事象を関連づけながら考えていくこともできます。

占星術は、象徴を使って考える道具です。
この勉強会では、マンデン占星術で使うさまざまなチャートをネタにして、
できるだけみなさんに思いつくイメージを語っていただきながら 進めていこうと考えております。

ホロスコープは考える道具、コミュニケーションの道具です。
社会的なテーマに関連づけながらみなさんと話し合うことで、 自然にマンデン的な象徴のイメージができてくると思います。
ぜひご一緒に象徴で社会について語る言葉を覚えていきましょう!

 

参加方法

1) 三の眼(代々木)参加  地図
2) オンライン実況中継参加 (定員なし)
 

受講料

半年分12,000円(1回あたり2000円×6回)前納

※代々木参加=代々木で現金当日払い
※オンライン参加=銀行振込(振込期日:2017年4月7日15:00)
※お振込み期限後のご入金は+500円となります
※いずれもお休みされた回は、録画か録音音源で視聴いただけます。
※録画の視聴可能期間は、講座日の翌々日〜6日間です。
※銀行振込の方には領収証は発行しておりません。
お振込控えが公的な領収証として認められます。
※振込期日までにお振込みがない場合、自動的にキャンセルとなります。
※キャンセル料:4月7日まで1,000円、4月8日以降:講座料金全額

 

注意事項


個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、音源、画像
出生データ、およびプライバシーはご自身の勉強のみにご利用ください。
第三者への開示、転送、公開は禁止しています。

研究会の性質上、録画のみの参加はできません。
最低3回以上、研究会当日にご参加いただける方のみお申込みください。

安心して自己開示できる環境をつくるため
お申込みは、本名でお願いしております。

研究会では、メンバー全員が参加するメーリングリストで
コミュニケーションをとっています。
研究会スタート時に、メーリングリスト上で、自己紹介をお願いいたいします。

 

お申込み

募集終了いたしました。
参加ご希望の方は、再放送リクエストにエントリーされてください。
一定のリクエストが集まりましたら再放送を決定いたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=680850


 

オンライン参加に必要なもの

  • インターネットに接続したパソコン、windows や Mac

※光ファイバー、高速ADSLを推奨
※高速モバイル接続は、音声が不安定になりやすいようです

 

  • ヘッドセット(バッファロー社製以外) 

※マイク付ヘッドフォンのことです
※アマゾンや電気店で販売されています、料金は1000円程度からあります

 

オンライン参加方法 


WebEx というオンライン・セミナー・システムを使用します
インターネットに接続したPCとヘッドセット(マイク付ヘッドホン)があれば
どなたでも容易に参加できます
  資料や、ホロスコープソフトを画面上で閲覧でき、マイクやチャットをとおして
  コミュニケーションがとれますので、対面参加と変わらない臨場感です
はじめてこのシステムをご利用になられる方は、事前の接続練習にご参加ください
日時はお申し込みいただいた方にお知らせいたします。
所要時間は15分で、難しくありません。
ヘッドセットはバッファロー製は相性が悪いので、
その他のメーカーのものをご用意ください。

※Windows10のブラウザ”Edge”には対応しておりません。その他のブラウザをご利用ください。
※iOS (iPhone, iPad)でのリアル参加が可能です。ただし録画は
iOS (iPhone, iPad)では視聴いただけませんので、PCで視聴ください。

 

オンライン参加の方への招待メール

オンライン招待メールは、前日に送付いたします。

 

 

第二月曜研究会参加者のご感想 

http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=165
 

 

関連ブログ 

マンデン占星術 −興味はあるけど苦手意識のある方へ

マンデン占星術研究会レポート - 世相とネイタルチャート -
 

 


 スタッフによる月曜研究会の感想 ⇒ ☆☆☆

 

 

お問い合わせフォーム

ご質問、不明点のお問い合わせは、以下のフォームからお願いいたします
http://form1.fc2.com/form/?id=748277



新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレターご登録ページ

 

マンデン占星術

【 マンデンレポートvol.3 】 東京オリンピック

第二月曜に開催している『マンデン占星術研究会』メンバーによるマンデンレポートvol.3 です。

⇒ マンデンレポートvol.1 は、こちら

⇒ マンデンレポートvol.2は、こちら


マンデン・レポート第三弾(最後)は、華やいだ話題【東京オリンピック】です。

といっても…
福島原発問題が解決に至っていない状態での
東京オリンピック開催に関しては、日本国民の間で賛否両論でした…


国立競技場を建替についても賛否両論
一旦、国際コンペで決まったデザイン案が白紙撤回され再コンペが行われました。


オリンピックのエンブレムのデザインについても
一旦、白紙展開され、再コンペが行われました。


小池都知事になってから、会場見直しを提起したものの
こちらも、知事の思惑どおり進まなかった模様で…


スッキリしない印象が強いのですが
チャートには、どうあらわれてるのでしょうか?


Rieko★さんが、たくさんのチャートを参照しながら検証してくださいました


Rieko★さんの結論的には、2020年のオリンピックには
「大きな変革が求められている」ということのようです。


けれども、現時点では、
一旦決まったことが、白紙撤回されては、やり直しというドタバタが繰り返されている
というような現れ方になっているようですね。


でも、白紙撤回が何度も実現されるということは
問題意識を持つ人たちが一生懸命改革しようと押し戻しているということです。


けれども、抵抗勢力も手ごわく拮抗しているのが現状なのかもしれません。

Kyoko

 

 

東京オリンピック(1964年と2020年)のマンデンレポート by Rieko★さん

 

動機

1964年の東京オリンピックの時、私は2歳でした。開会式で、たくさんの風船を飛ばしているのをテレビで見ていて、家の方にも飛んでこないかな?と物干し台に登って、空を見上げていたことを覚えています。

あれから56年後の2020年。再び東京でオリンピックが開かれます。人生で2度こんなに身近で行われるオリンピックを、せっかくのチャンスなのでマンデン占星術的に比較してみたいと思いました。

 

分析方法

まず、1964年の東京オリンピックでは、日本にとって、東京にとって、どうだったのか、振り返りました。その際、オリンピックは招致の時から始まっていると考え、最初に招致の時のホロスコープを作成。その時の星の配置と平和憲法図と東京星図それぞれに対してどうだったのかを見てみました。そして、1964年のオリンピックの開催期間ということで、開会式と閉会式の時の星の特徴、また平和憲法図と東京星図それぞれにとってどうだったのかを見てみました。

その後で、同じように2020年の東京オリンピックでは、日本にとって、東京にとって、どうなるのかを考えていきたいと思います。

 

分析の星図について

日本を考える時、「明治憲法図」「平和憲法図」「主権回復図」の3種類がありますが、前回の宿題関連で色々と調べてみた結果、私的には今の日本にとって、1番「平和憲法図」がしっくりきたと感じましたので、それを採用しました。

東京については、松村潔さんの「東京星図」の中に、“1869年午刻”とあること、またスターゲーザーのサンプルにもありましたので、それを採用しました。

 

 

招致の時の星の特徴

東京オリンピックの招致は、1959526日ドイツのミューヘンで決定しました。時間は不明だったので、お昼の12時で作成。その時の星の特徴としては、♇と♆と♄の小三角があることです。戦争で生まれ変わり、夢や希望を形にするといったイメージ。まさに復興を具体的に形に見せるチャンスを与えられたと思います。復興は、1956年までと言われ、1956年から高度成長期に突入。まさにそんな成長期、拡大期に入っていたのが1959年です。(チャートは省略)

 

 

同じ年の出来事について

ちなみに、同じ1959年の出来事で、東京オリンピック招致と同じように、華やいだニュースや復興から高度成長期へ突入したイメージの話題としては、410日には皇太子と美智子さまのご成婚があり、724日には、児島明子さんという方がミスユニバースに選ばれました。これはアジア人で初のミスユニバース。まさに“世界に追いつけ”を形にしたもので、大きな話題となりました。また、217日には、「少年マガジン」と「少年サンデー」が創刊。今も続くこの漫画雑誌は娯楽の象徴。まさに、復興の具体化、成長期入っていることを表していると思います。

 

 

1959年招致の時の日本を考える

星の特徴としては、tr♇□☿♀→考え方や美意識が生まれ変わる、tr♃♂→活動の拡大、tr♇♅→個性や自立のための必要な破壊と再生 この3つの特徴を考えても、1964年の東京オリンピックが決定したことによって、日本の大きな意識の変化、急激な変化を求められたと考えることができます。(チャートは省略)

 

 

まとめ

以上のことから、日本にとっても、東京にとっても、日本の復興きから高度成長期への転換。「もはや戦後ではない」ということを証明するチャンス。それは、現実的にも東京オリンピックへ向け、高速道路、モノレール、鉄道など、インフラ整備が急ピッチで行われました。また宿泊先の拡大などで、建築ラッシュが起きたり、外国の人たちを向かい入れるために、食事のメニューの研究や公共でのマナーの整備など、異文化を受け入れるための日本人の意識改革も行われることに繋がったと思います。

 

 

1964年東京オリンピックの時の星図について

 

東京オリンピックの開会式は、1964年10月10日。時間は、テレビ放送が13時からスタートしているので、13時に設定。閉会式は、10月24日。時間は、夕方からということしかわからなかったので、17時に設定し、開会と閉会のホロスコープを出し、考えてみました。

 

1964年東京オリンピック開会式の時の星の特徴

星の特徴としては、♄□♃→成功を形にするというイメージ。まさに世界に復興を証明することを表していると思います。この頃の国民の合言葉に、「世界に追いつけ追い越せ」というのがありますが、まさにそれを証明できる時期だと感じます。

 

同じ年の出来事について

ちなみに、東京オリンピックと同じように、「世界に追いつけ追い越せ」、世界を身近に感じる出来事を上げてみると、10月1日、新幹線が開通しています。4月1日には、海外旅行が自由化になりました。また、2月26日には、早川電気(現シャープ)とソニーが電子式卓上計算器を日本で初めて発表しています。世界初の電卓はイギリスで1961年に発表されていますが、アメリカでも日本と同様1964年に発表。アメリカと日本とどちらが早かったかまでは、わかりませんでしたが、どちらにしても、世界2番目か3番目ということで、世界にアピールできる出来事だったと思います。さらに、11月17日にはソニーが家庭用ビデオテープレコーダーを発表。これは世界初の出来事でした。

 

1964年東京オリンピックの時の日本を考える

開会時の星の特徴としては、tr♃180、♄□♂があることから、♂=戦い、勝負に良い時期であること。またtr♃△MCがあることで、成果が出ることを表していると思います。さらに、閉会時には、tr♀MCということで、まさに喜びに満ち溢れたイメージを感じます。

 

1964年東京オリンピックの時の東京を考える

開会時の星の特徴としては、tr♄ ASCtr♃MC、招致の時と同様に軸に♄と♃がかかっていること、さらにtr♆☉♀♇ということで、東京自身や美意識、復興の視覚化されるイメージを持ちます。

またソーラーアークでは、♃=☉/☽、♆=☽ということで、東京を表に表す時期だったと思います。

閉会時には、tr♂ということで、まさにスポーツのパワーを表す状況になっています

 

1964年東京オリンピック閉会時の星の特徴を考える

星の特徴としては、♆*♅、♇*♆、♄□♃、♄□♂ということで、日本らしさ、東京らしさをアピール、成果が出ることを表してると思います。

 

まとめ

1964年東京オリンピックの結果としては、金メダル16個、銀メダル5個、銅メダル8個、全部で29個のメダルを獲得することができ、「世界に追いつき、追い越せ」をまさに体現。世界を追い越すことも実現可能の手応えを得ることができ、日本にとっても、東京にとっても世界にインパクトを与えることができる結果となりました。

 

 

続いて、2020年東京オリンピックについて、同じように招致の時から見ていきたいと思います。

 

招致の時の星の特徴

2020年東京オリンピックの招致は、2013年9月7日午後5時、ブエノスアイレスで決定しました。日本時間に直すと、9月8日午前5時20分です。その時の星の特徴としては、♅□♃→拡大への反発、♇□♅→大きな変化、♇♃(→拡大の必要な破壊と再生)はオーブ6度なので、まだ捉えるべきではないかもしれませんが、どちらにしても変化を求められていると感じます。また、♇、♅、♃が☽にかかっていることから、感情、意識の大きな変化と求められていると思います。以上のことをまとめると、成熟期=もうこれ以上拡大できない時期に来ているということで、大きな方向転換を求められていると思います。

 

同じ年の出来事について

ちなみに実際、2013年7月1日には東京都制施行70周年を迎え、成熟期を向かえていることを感じます。その他、同じ2013年で、時代の終わりや大きな変化を感じる出来事を上げてみると、1月19日には元横綱大鵬死去。私の子どもの頃には「巨人、大鵬、玉子焼き」と言われ、昭和の人たちの好きなものの1つ。これで、本当に昭和が終わった感じがしました。また、3月16日には東急東横線渋谷駅が地下へ、6月30日には銀座の松坂屋建て替え開始。東京に暮らす人たちにとっては、とても大きな変化がありました。さらに、5月12日には東京タワーからスカイツリーに送信全面移行されました。スカイツリーの開業は2012年からですが、徐々に送信が移行され、この年の5月12日に完全移行となり、一時代の終わりを感じさせる出来事だと思います。

 

 

2020年東京オリンピック招致の時の日本を考える

星の特徴としては、tr♆□♀tr♆□☿があることから、夢見がちな状況の反面、tr♅☍♆、tr♇□♆、tr♅△♇、tr♄☌♃tr♄☌☉、があることから、理想や夢の方向転換や現実をみつめるべき時期だと捉えることができます。

 

2020年東京オリンピック招致の東京を考える

星の特徴としては、tr♃☍♅があり、因習に縛られない思考と行動を拡大することを求められていると思います。

余談ですが、松村先生の「東京星図」によると、♅のある♋のエリアは、築地・有楽町・銀座のエリアにあたるそうです。しかも、♋の15度のラインは、築地署から聖路加病院通過し、隅田川を越え、月島や晴海あたりに行き着くそうです。東京のホロスコープの♅は♋の14度。少しずれてはいますが、築地市場と豊洲市場それぞれに近い位置です。今話題となっている、築地市場の移転問題、豊洲の土壌汚染問題は、東京オリンピックにも大きく関わるもので、築地市場の跡地に選手村を作る計画、また都心部を結ぶ環状2号線を通す計画にも影響があります。それを考えると、tr♃は、見せかけ以上の問題が噴出するという風にも読め、とても興味深く感じます。

 

まとめ

以上のことをまとめると、2020年の東京オリンピックは、明らかに1964年の時の“拡大”“成長”ではなく、今までのやり方、考え方を大きく変更する必要があると思います。また、招致の決定の要因の1つでもある、当初の“コンパクト”“コストカット”は、とても大切なテーマだと思います。

 

2020年東京オリンピック開催時の日本を考える

星の特徴としては、tr♆☍MC、tr♇△MC、tr♅☍♃☉、tr♄*♂♀☿などがあることから、成功はできると思いますが、何か今までとは違った形になる可能性もあります。

 

2020年東京オリンピック開催時の東京を考える

星の特徴としては、開会の時には、tr♃が☽に90度。tr♇とtr♄がMC、☿に120度。それが閉会時には、tr♃は☽だけでなく♆にも90度となます。さらにtr♃□♆☽のところに、tr♂がコンジャンクションとなること。またtr♃が☉、♀にも120度となること。それらを考えると、多くのメダルの数や成果は期待できると思います。が、それだけではなく、ソーラーアークの☉=♅、♀=♅であることから、今までとは違う東京の在り方、意識の大きな変化となる可能性を感じます。

 

2020年東京オリンピックのまとめ

以上のことをまとめると、2020年東京オリンピックは、選手の活躍はもちろんですが、日本人にとって大きな意識改革となり、東京の再構築のきっかけにできるのではないかと思います。

 

1964年と2020年のそれぞれの違い

1964年は、♃=拡大、♇=再生が強調されていたように感じます。まさに、戦後復興から高度成長期を表していると思いました。それに比べ、2020年は♅=変革、♇=終わりが強調されていると思います。“コストカット”や“コンパクト”というのがまさにテーマ。日本全体の意識改革の必要性を感じます。と、いうことを考えると、80歳過ぎた方がオリンピック委員長をされていること事態がいかがなものかと、個人的には思います。 以上です。

 

Rieko★

 

 

オリンピック

 

「マンデン占星術研究会 − 問題の核心をとらえる−

 ⇒ 4月10日(月)スタート 毎月第二月曜19:30-22:30、全6回

 

 

新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレターご登録ページ

 

 

マンデン占星術

【 マンデンレポートvol.2】 東海村jco臨界事故

第二月曜に開催している『マンデン占星術研究会』メンバーによるマンデンレポートvol.2 です。

⇒ マンデンレポートvol.1 は、こちら

今回のレポートのユニークな点は
単に事故が起こった時のチャートを見るだけでなく
事故が起こった東海村の「開村チャート」との関連性を見ているところです。


マンデンレポートvol.1 では
地震の後、建築基準法が改正されたように


JCO臨界事故の後も、原子力災害対策特別措置法が制定されました。
けれども、こちらは、2011年の3月11日の原発事故を防げる
あるいは、被害を最小限に抑えられるほどの有効性がなかったようで
非常に残念ですね。。。


2011年の3月11日の原発事故後の対策も、充分ではないと感じている人も多く
火星・土星のストッパー(にらみあい)は、
利権的思惑、政治的思惑等、様々な領域で働いているのだろうな
と、今回のレポートを拝見して感じました。


なお、レポートで使われたチャートは、一部のみ掲載しましたので
図の番号が飛び飛びになっていることをご了承ください。


なお、Mさんは、ハードアスペクトを凶アスペクト、ソフトアスペクトを吉角と表現されています。

Kyoko

 

 

 

東海村jco臨界事故のマンデンレポート by Mさん

 

東海村jco臨界事故は原子力事故としてはレベル4であり、
作業員2名の犠牲者、667名の被爆者を出した事故です。

実態はかなり悲惨なものだったようです。

この臨界事故では臨界が続いているのに気づくのが遅く、
有効な手がうたれないまま20時間継続してしまったそうです。

東海村の各所に設置された放射能のモニターは、
通常の20〜30倍を記録していたそうです。

原因は、人為的ミスや、管理体制のずさんさにあります。

事故当時、安全とは到底考えられない「裏マニュアル」があり、
作業員は危険な作業をしていたそうです。

 

東海村の開村チャート(1955年3月31日=図1)

時間不明のため12時で作成。ソーラーハウスチャート。

 

海王星(てんびん)と金星(魚座)が120度と吉角で、
ミューチュアル・レセプションになっています。

この中央(ミッドポイント)にはノードがあり、
「人々に期待された村」(金星と海王星)といったイメージがあります。

この人々の感情が乗った感じは
土星(さそりざ)、水星(魚座)、月・木星・天王星(かに座)の
グランドトラインの感じにもあらわれているように思います。

感情が乗った感じ。夢を乗せた感じです。

強い力が働いていると考えられるのは
火星(おうし)・土星(さそり)・冥王星(しし)のTスクエアです。

20度付近で、こなれた度数であり、不動宮であることからも、
かなり「がちがち」とした強い反発・圧力があるように思います。

また、その勢いの着地点がなく、逃げ道がないといった印象があります。

Tスクエアの先の水瓶20度付近に大きな圧力がかかっていると考えられます。

ノードは山羊座の1度であり、活動宮の一度ということで
大きな力が働いていると考えられます。

サビアンは「認識を求めるインデアンの酋長」

東海村は日本国内で原子力の火がともった最初の村です。
そのイメージと重なります。

この開村チャートの火星に、進行の太陽が乗るのは、1997〜1999年にあたります。

この時期には、火災事故、一号機運転終了日
(東海村の東海原子力事業所には二台原子炉があり、一号機は稼動終了しています)、
jco臨界事故が起きています。

 

火災事故(レベル3)発生時のチャート(図2)


3月11日という日付が目に留まりました。
凶アスペクトがないというところが、
大事には至らなかったことにつながるかもしれません。

また、太陽、水星、金星が、10室と目立つ位置にあることから、
発見が早く解決でき、月が損なわれていないことから
人的被害が少なかったといえるかもしれません。

 

1号機運転終了日のチャート(図3)

 


時間不明のため正午で作成したソーラーハウスチャート。

力のかかっていた(開村チャートのTスクエアの先)水瓶座20度付近に金星があります。

土星火星の軸に進行の太陽がのり、経過の月も乗っていました。
(時間は分からないので月は正確ではありませんが)

この金星と月は「終了」というイメージに重なります。

「美意識」「考え」(金星)と、
原子力のありかたの折り合いがついた感じがあります。
人々も納得して終了した感じがあります。

 

東海村jco臨界事故のチャート(図4)

 

大きな人的被害が示されていると考えます。

アセン軸にのった冥王星と月は、
{月(肉体)が冥王星(原子力)から刺された}というように見えます。

また、アセン近くの火星から、ただならぬ事態が想像できます。

ノードと天王星と土星はTスクエアになっており、
ここでも不動宮のせめぎあいがみてとれます。

ノードと天王星の組み合わせは、
今後の原子力のありかたを左右するような事故であることを
示しているように思います。

jco臨界事故と東海村開村チャートを重ねると
開村の冥王星に金星がかかっていること
(終了チャートで折り合いをつけてくれた金星です)と、
進行の月(CPS)が、力が溜まっている水瓶座座20度に近づいている
(けっこうオーブあり)くらいしか、見つけられませんでした。

注)進行の太陽も、開村チャートの火星付近にある

本当は、凶星がみずがめ座20度付近にあるのかと思っていたのですが・・・

そこで、事故前の皆既蝕をみてみました。

 

1997年3月9日の皆既食図 サロス番号120(図7)


モンゴル・シベリアアラスカで起きていて
ロシアの南東が中心でおきたようです。

☆サロス番号120☆
グループのプロジェクトや個人的な対人関係に関することでの突然の成功。
愛情における幸福や愛に関する考察、人間関係におけるよいニュース、
グループでのクリエイティブな表現がテーマになりやすい。

 

1999年8月11日の皆既蝕図 サロス番号145(図8)

ルーマニアを中心にヨーロッパ、西アジア、東アジアで見られたようです。

☆サロス番号145☆
友人やグループに関連する予期しない出来事が
個人的な関係にプレッシャーを与えやすい系統。
情報は歪曲され、虚偽の可能性があるので性急な判断は避けるほうが賢明。
疲れや健康問題に関連する可能性も。JFKの暗殺時に働いていた。
社会の主要な変化や古いものから強制的に離れ新しい状況へと進むテーマ。


二つの事故の前に起こった蝕に注目すると、対極的なニュアンスがありそうです。

145の蝕は「情報が歪曲」や「疲れや健康問題」という点で、事故の状況と一致しそうです。

1999年の夏は遠い天体がグランドクロスをつくった時期でした。
改めて、1999年の蝕のチャート(図8)をみてみると、
不動宮の半ばの度数でグランドクロスが形成されていて
「にらみ合い」「動けない」といった感じがあります。

天王星の向かいで蝕は起きており、天王星の動乱は避けられない状態にありそうです。

また、火星(さそり)と土星(おうし)の180度
「アクセル」と「ブレーキ」といったイメージで
この「にらみ合い」や力が溜まっている状況が読み取れます。


ここで気になったのは、東海村開村チャート(図1)でも
火星(おうし)と土星(さそり)が180度となっていることです。


サインは逆になっており、度数もずれているのですが、
この「土星」と「火星」のせめぎあいや不動宮の強調が、
ストレスとしてたまっていて、事故は起こってしまったのかもしれません。

東海村の1号機は2001年から撤去作業が始まっているそうです。
終了予定は2026年3月です。

原子力発電は一度始めてしまうと、加減することができません。
調整しようとした時に事故は起こっているようです。

今回、「アクセル」と「ブレーキ」がうまく働かない
「原子力発電」について考えました。

東海村joc臨界事故については、ショッキングな内容ではありますが、
多くの人に知ってほしいと思います。

 

 

「マンデン占星術研究会 − 問題の核心をとらえる−

 ⇒ 4月10日(月)スタート 毎月第二月曜19:30-22:30、全6回

 

 

新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレターご登録ページ

 

マンデン占星術

【 マンデンレポートvol.1】 宮城県沖地震と建築基準法改正との関係


第二月曜に開催している『マンデン占星術研究会』では
メンバーが独自の切り口で、マンデン読みの課題に取り組んできました。

 

全6回の学びを集大成した最終課題では
『原発事故』や『地震』を取り上げたレポートが多かったことが印象的でした。


私達の生活、世界に与える影響のインパクトが比類のない出来事だからでしょう。


多くの秀逸なレポートが生まれましたが
特にユニークなものを3例、皆様にシェアさせていただきます。


第一弾は宮城県沖地震。
宮城県在住のメンバーならではの切り口で、宮城県沖地震をとりあげていただきました。


地震が引き起こした「悲劇」だけに着目するのではなく
惨事を教訓に起こした人間の行動によって
その後、いかに多くの人命や財産が守られたか
に着眼した素晴らしいレポートだったと思います。

Kyoko

 

⇒ マンデンレポートvol.2 は、こちら

 

 

宮城県沖地震のマンデンレポート by T.Kさん

 


2011年3月11日の東日本大震災は、まだ記憶に新しいですが、
宮城県ではその前にいくつもの地震災害が発生しております。


その中でも、1978年に発生した宮城県沖地震では
家屋の倒壊やブロック塀の倒壊により、 多くの命が失われております。

 
その経験から建築基準法が見直され、今に至ってます。

 

チャート1

 

被害 死者28名(ブロック塀などの下敷きで亡くなった方18名)
負傷者1325名、建物の全半壊7400戸。

 

チャートを読む

  • 射手座の海工星(1H)と双子座の水星・太陽(7H)がオポジション

4 Hのルーラー海王星が水星と太陽にオポジションを形成している。
MC・IC軸にスクエア(ゆるくグランドクロスを形成)

海底で起きた地震。ライフラインの混乱、情報の混乱。

 

  • 獅子座 士星と火星のコンジャンクション

 2Hのルーラーである士星と火星がコンジャンクション。
自分の家・財産が壊れる。土台となっている所の破壊。
ナチュラルハウスで考えると牡牛の領域。
プロック塀は家の周りを囲み、安心を与えるもの。外部の侵入を抑える役割。
それが今回の地農では破壊され.一番の死者を出すこととなった。
 
乙女座月とも火星はコンジャンクションを取っている。
人の安心を壊す。 このときの犠牲者には小学生もいる。

 

  • 天秤座の冥工星と蟹座の木星のスクエア

この地震で倒壊した建物は古い建物が多かった。8Hの木星は先祖代々の家。
 家屋例壊被害が甚大であったために、3年後の1981年の建築基準法の改正につながった。

この改正の要旨は、建築物の耐震蓄準の強化で
「震度5強程産の中規模地震では軽徴な損傷、
震度6強から7程度の大規模地農でも倒壊は免れる強さとする」

ことを義務づけたものである。

 
石塚さんのコメント

木星・冥王星のアスペクト自体が、
【木星=法律】の【冥王星=根本的に見直す】というイメージや
研究を深めるイメージがある

木星は古くは魚座の支配星だったので4ハウスともかかわっている

もちろん、4ハウスルーラー海王星がICとスクエアであり
太陽・水星とハードアスペクトになっているのも
地震や家に影響を与えていることと、かかわっているだろう


 

 

チャート2

チャート3

 

春分図と夏至図も出してみたが、あまり繋がらなかった。

 

ただ、どちらもアングルのサインが同じ。
夏至図では4Hに土星と火星が入っており、余震などもあり、
ライフラインは地農発生後 27日目で復旧した。

 

チャート4


このチャートは建築基準法施行令改正(新耐震)の時のものです。

地震発生時のチャートでは、9Hに土星・火星・月のコンジャンクションがあったことから
研究対象となったのかと思われます。

耐震基準は土台(土星)の領域であり、
それを揺るがした地震で見直される事になった経緯は、ここにあるのか、とも思います。

地震発生時のMC乙女座。 天秤座の木星土星のコンジャンクションは
改正されて新しい始まりを表すような感じです。

今回のチャートでは乙女座がASCになり、
地震が起こったときのチャートのアングルをクルっとひっくり返した感じで
また柔軟宮がアングルになっている。


まさに新しく改正された耐震法が生まれた瞬問と思われるチャートで
1OH水星は蟹座で、家の情報と取ると、
まさに、家を守る情報が社会に出た感じもします。

1978年の宮城県沖地震では、この改定があったからこそ
2011年の東日本大震災では建物倒壊での死者数は本当に少なかったのです。

 

石塚さんのコメント

法律改正と、木星・土星のコンジャンクションは関係していそうで
それが水星とスクエアになっているのも、それらしい

木星・土星は、1978年の地震が起きたときのチャートのノードの位置にある。

建築基準の改正は、建築技術にかかわるものだが
牡牛座の火星と蠍座の天王星のオポジションと関わっていそう。

この火星と天王星のオポジションは
地震のときの火星・土星とTスクエアになっていて
この反省をもとに技術を定めていくという
そういう関連性が見えて非常に興味深いですね。

2011年の東日本大震災の図との関連性も調べていくと
面白いかもしれません。

 

 

Kyokoのコメント

建築基準法は1995年の阪神大震災を受けて2000年に改正。
2004年の新潟中越地震を経て2005年にも改正されています。
それらとの関連性もチェックしてみたくなりました。

 


石塚さんのコメント

大きな地震が起こる数年前から形成されている
複数の日蝕・月蝕と地震との関連性を研究している研究家もいます。
マップを作ってみて、強いストレスがかかっている天体が、
どの地域に刺激を与えいるかを探してみてもいいかもしれない。
いくつかの日蝕・月食が同じ地域にストレスをかけている様子が
観察されることもあります。

日蝕のイクリプスパスに注目して
それが始まるポイントと終わるポイントの緯度経度を
まっすぐに伸ばした地域にもストレスがかかりやすい、
という概念もありますので、その辺を追っかけてもいいですね。

 

 

「マンデン占星術研究会 − 問題の核心をとらえる−

 ⇒ 4月10日(月)スタート 毎月第二月曜19:30-22:30、全6回

 

 

新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレターご登録ページ

 

 

 

松田仁のトートタロット講座

トート版タロット講座〜入門から奥義まで〜 第3期:小アルカナ  【4/19開始】【オンラインセミナー】

松田仁先生による、トート版タロット講座 第3期 再放送決定です!

 

日本でベストのトートタロット講座にしようと

松田仁先生に組んでいただいたカリキュラムです!

 

2014年に本放送後も、参加者の皆さんのクチコミのおかげで

再放送リクエストをいただき、再放送を重ねています。

 

  参加者のご感想 http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=91

 

第1期・第2期と同様、第3期も、理論編とオンライン実習会に分かれています。

構成:マイナーアルカナ編(全13回)、オンライン実習会(全4回)。

第3期では、タロットに関係が深い、カバラや占星術にも、ふれていただきます。

 

※全体のカリキュラムについてはトップページをご覧ください。

 

 

トート版タロット 〜入門から奥義まで〜 第3期

 

日 時

2017年4月19日(水)再放送スタート!

  • マイナーアルカナ編:全13回
  • オンライン実習会:全4回

 

 

受講料

【初受講料】

  • 一括払い:76,500円 (入金期限:2017年4月18日 15:00)
  • 分割払い:21,040 円×4回 (入金期限:1回:4月18日、2回目:5月18日、3回目:6月17日、4回目:7月18日)

 

【再受講料】

  • 38,250円 (入金期限:2017年4月18日 15:00)

  ※過去に松田仁氏の対面トートタロット講座で小アルカナをすべて学ばれた方も再受講料金で受講いただけます。

 

 

お支払いとキャンセル規定

  • 振込み期限後の受講料は上記金額より500円アップとなります。
  • 分割払いの延滞は、各回500円アップとなります。以降、1ヶ月の遅延毎に500円が追加されます。

 

【キャンセル料】

  • 参加パスワード送付前:1,000円
  • 参加パスワード送付後:講座料金全額

 

 

日程・各回の詳細

 

3. マイナーアルカナ編(全13回×2時間)

 

3-1. 「マイナーアルカナ概説──現実生活を生きていくための智慧と術(すべ)」

  • 再放送:2017年4月19日(水)〜4月25日(火)

 

3-2.  「棒(Wand)──生きていくことの根っこ(前半)」

 基本の瞑想 / 概説 /参入儀式 / Ace(火の力の根源)/

 2(支配)/ 3(美徳)/ 4(完成)/ 5(闘争)

  • 再放送:2017年4月26日(水)〜5月2日(火)

 

3-3.  「棒(Wand)──生きていくことの根っこ(後半)」

 基本の瞑想 / 6(勝利)/ 7(勇気)/ 8(迅速)/ 9(強さ)/10(抑圧)/

 Prince(王子)/ Princess(王女)/ Knight(騎士)/ Queen(女王)

  • 再放送:2017年5月3日(水)〜5月9日(火)

 

3-4. 「棒(Wand)──パスワーキング」

 基本の瞑想 /[実習]松明を掲げて

  • 再放送:2017年5月10日(水)〜5月16日(火)

 

(C-1 「相性占い」をはさみます)

 

3-5. 「剣(Sword)──諸刃の剣(前半)」

 基本の瞑想 / 概説 / 参入儀式 / Ace(風の力の根源)/ 2(平和)/

 3(悲しみ)/ 4(休戦)/ 5(敗北)

  • 再放送:2017年5月24日(水)〜5月30日(火)

 

3-6.  「剣(Sword)──諸刃の剣(後半)」

 基本の瞑想 /6(科学)/ 7(無益)/ 8(干渉)/ 9(残酷)/ 10(破滅)/

 Prince(王子)/ Princess(王女)/ Knight(騎士)/ Queen(女王)

  • 再放送:2017年5月31日(水)〜6月6日(火)

 

3-7.  「剣(Sword)──パスワーキング」

 基本の瞑想 / [実習]考えもつかないことを考える能力

  • 再放送:2017年6月7日(水)〜6月13日(火)

 

(C-2 カバラ入門〜「生命の木リーディング」をはさみます)

 

3-8.  「杯(Cup)──胸いっぱいの愛を(前半)」

 基本の瞑想 / 概説 / 参入儀式 / Ace(水の力の根源)/ 2(愛)/

 3(豊かさ)/ 4(贅沢)/ 5(失望)

  • 再放送:2017年6月21日(水)〜6月27日(火)

 

3-9.  「杯(Cup)──胸いっぱいの愛を(後半)」

 基本の瞑想 / 6(よろこび)/ 7(堕落)/ 8(怠惰)/ 9(幸福)/ 10(堪能)/

 Prince(王子)/ Princess(王女)/ Knight(騎士)/ Queen(女王)

  • 再放送:2017年6月28日(水)〜7月4日(火)

 

3-10.  「杯(Cup)──パスワーキング」

 基本の瞑想 / [実習]愛のあらゆるステージ

  • 再放送:2017年7月5日(水)〜7月11日(火)

 

(C-3 占星術入門〜「ホロスコープリーディング」 をはさみます)

 

3-11.  「円盤(Disk)──現実世界を扱うコツ(前半)」

 基本の瞑想 /概説 / 参入儀式 / Ace(知の力の根源)/ 2(変化)/

 3(作業)/ 4(力)/ 5(心配)

  • 再放送:2017年7月19日(水)〜7月25日(火)

 

3-12.  「円盤(Disk)──現実世界を扱うコツ(後半)」

 基本の瞑想 / 6(成功)/ 7(失敗)/ 8(思慮分別)/ 9(獲得)/ 10(富)

 Prince(王子)/ Princess(王女)/ Knight(騎士)/ Queen(女王)

  • 再放送:2017年7月26日(水)〜8月1日(火)

 

3-13.  「円盤(Disk)──パスワーキング」

 基本の瞑想 / [実習]収穫の日

  • 再放送:2017年8月2日(水)〜8月8日(火)

 

(C-4 さまざまなスプレッド)

 


 

C. オンライン実習会(全4回×各回2時間)

 

C-1.  「相性占い」

  • 再放送:2017年5月17日(水)〜5月23日(火)

 

C-2.  カバラ入門〜「生命の木リーディング」

  • 再放送:2017年6月14日(水)〜6月20日(火)

 

C-3.  占星術入門〜「ホロスコープリーディング」

  • 再放送:2017年7月12日(水)〜2017年7月18日(火)

 

C-4.  さまざまなスプレッド

  • 再放送:2017年8月9日(水)〜8月15日(火)

 

 

講師プロフィール

 

松田 仁 プロフィール

サイト 意識デザイン

 

 

関連ブログ

5月13日(火)開始!『トート版タロット〜入門から奥義まで』第3期

なぜ、人間は、悩み・葛藤・不幸を感じるのか?

なぜ、魔術が起きるのか

 

 

必要なもの

インターネットに接続したパソコン、windows や Mac があれば、
YouTubeで動画を視聴していただく感覚でご参加いただけます。
インターネット速度は、光ファイバー、高速ADSLを推奨します。
モバイル接続は、音声が不安定になりやすいようです。
iPad や iPhone、マイクロソフトのEdgeには対応しておりません。
インターネットエクスプローラーやFireFox等のブラウザでご覧ください。

オンラインセミナーへのご参加方法
 

 

 

視聴方法のお知らせについて

放送開始前日24:00までに 、
参加パスワードと資料を添付ファイルかダウンロード方式で送付させていただだきます。
●規定期間外に再放送の視聴を希望される場合、別途1500円が必要です(1日毎)
※最長:規定期間の1ヶ月後まで。
●規定期間内に各レッスンを2回視聴いただけます。3回以上視聴される場合、別途1,300円が必要です(1回毎)
●この講座は、株式会社Triolite Japan26のオンラインセミナーシステムをお借りして開催いたします。

 

 

注意事項

個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、
音源、画像、出生データ、およびプライバシーは、ご自身の勉強のみにご利用ください。
第三者への開示、転送、公開は禁止しています。
講座日程は、諸般の事情により、変更になる可能性もございます。
万一、変更が生じた場合は、速やかにお知らせいたします。

 

 

お申込みフォーム

上記、注意事項に同意して頂ける方は、以下のフォームからお申込みください。

https://form1ssl.fc2.com/form/ ?id=9e8a78556d951421

 

 

Q&A

【領収証について】
領収証の発行はしておりません。
お振込み控えが領収証として公的に認められますので、大切に保管されてください。

【ご入金確認について】
ご入金確認メールは省略させていただいております。
期日までにご入金がなかった場合のみ、ご連絡させていただきます。

【資料について】
資料は画面共有されるだけでなく、
添付ファイルにて配布させていただきます。

 

 

お問い合わせ

ご質問、不明点のお問い合わせは、以下のフォームからお願いいたします
http://form1.fc2.com/form/?id=748277

 

 

馬心理占星術研究会について馬

http://astro-psycho.jugem.jp/? eid=48

 

 

World Asology ... 占星術の世界 ...

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレター登録

 

 

新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」講座

【ご感想】新里ひろきのノエル・ティル心理占星術・第六部:ノエル・ティル心理占星術マスターコース後半

ご参加いただいた生徒さんから、ご感想をいただいています

 

ご感想

全部の講座を受講して、占星術というものの価値を改めて知った

5部と6部を受講して感じた事、変化したことを書かせていただきます。

まず、第一に思うのは毎回丁寧な添削指導をしてくださった新里先生への感謝です。

5部からの添削していただいた内容を見直しましたが、少しでも良いところがあればほめてくださり、
理解が不十分な点は丁寧に解説してくださっていました。

それが、難しいな、と思うこともこえて最後まで、 「がんばろう」と思える原動力になったと感じています。

また、5部を受講中に感じたことがあります。
それは、「ティル先生の示される内容を全部受け入れよう」ということです。

言葉で表現するのが、難しいのですが、
ティル先生のもとで学ぶので、全てを吸収するのが当たり前なんですが、
実際に課題をやる中で自分が過去に身につけた根拠が曖昧な知識で答えていることに気がつきました。

私自身はたくさんの先生から学んだ経験はないのですが、
「だれかが言っていたこと」とか「勝手に思い込んでいたこと」とか、
知らぬ間に身についたものがありました。

それを、いったん捨ててティル先生の内容をすべて吸収しようと思った時があって、
それぐらいから内容の理解度が深まったように感じています。

1部から4部までの内容の貴重さも、回をすすめるごとにわかってきました。
5部の最後のレクチフィケーションでは3部の内容通りにやってみることで、
根拠のはっきりした結果がでてきて驚きました。
宇宙と人間との関係に改めて感動をしました。

6 部ではコンサルテーションの実践が入ってきます。
適職や健康問題などなかなか判断が難しいこともありました。
そこも丁寧に指導いただきました。

回をかさね、クライアントと向き合うようになり、
今まで学んできたことが現実と重なってきて「なるほど」と納得することが多くなりました。
天体が示す重要な時期と、クライアントの実際の出来事がぴったりと合っていることに、
改めて感動と驚きがありました。

6部の5回で占星術家の役割について、ティル先生の言葉がありますが、それがとても納得できます。
また、今まで学んできた技術や手順は、クライアントの人生に真摯に向き合うという目的のために、
徹底して考えられたものであったことを再認識しました。
新里先生のコンサルテーシ ョンには「美しさ」も感じました。

全部の講座を受講して、占星術というものの価値を改めて知ったという感じです。
うまく表現できずにすみません。

残念なのは、私はコンサルテーションの仕事をしていないため、
クライアントさんと出会う機会があまりなく講座を受けたことです。
もっと実践をつんでいれば質問も多くできたでしょうし、理解も深まったかたと思います。
課題提出も遅れていて、それでもきちんと向き合っていただいたことに感謝しております。

これを機に学んだことを生かし、もっと多くの方のコンサルテーションを行い、
占星術への理解を深めていきたいです。

新里先生本当にありがとうございました。まだ、課題提出があるのでがんばります。
KYOKOさまはじめス タッフのみなさまありがとうございました。

 

 

自分を知る愚者の旅

マスターコース、特に第6部における私の最大のネックは、セッションの相手が友人たちであったこと。
どうしても「何か」が足りない。そんな自分に腹が立ったりもした。
そして、集大成であるレッスン11を提出するにあたり、大きな抵抗感があり、少しゴネてしまいました
(スミマセン!)

でも、その頃、抵抗感と同時に、自分の中にある変化を感じた。
まるで、オセロのコマが最後に一気に裏返されるような、
今まで学んできたこと全てが、怒涛のごとく、ある方向に押し流されるような。

それまでは占星術の技術に目が向いていたけれど、醍醐味は人対人。
相手を観察し対話をして、相手が自ら気づくように、言葉を選び工夫して伝える
東半球偏りの軸が、西側の軸に移動する ような、新鮮な感覚だった。

つまり、やっとセッションの0地点に立てたのかもしれない。
ティル式は、その人を知り、効果的・能率的なセッションにつなげる優れたメソッドであり、
セミナーで学ぶこと全てはそこにつながるのだ、と最後に「わかった」。

マスターコースでは、自分に向き合うテーマも多く、ある意味「自分を知る愚者の旅」であった。
セッションを仕事にできたなら、それは同時に、東半球強調である自分自身のセラピーフローとなり、
自分の新しい個性となるのかもしれない。

まだ、最終課題が残っているけれど、いつもブレることなく、辛抱強く、脱線部分は切り落とし(笑)、
的確なアドバイス&励ましをくださった新里先生、ありがとうございました!
そして、学びの場を設定してくださった、事務局の皆さまにも御礼申し上げます!

最後に。。。無事に卒業できた時には、喜びと、一抹の寂しさと、感謝を胸に、富士山の頂上からこっそり叫びたい。
「終わった〜〜!!!」
そして、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

心理占星術研究会について

http://astro-psycho.jugem.jp/? eid=48

 

 

鳥

 

 

World Asology ... 占星術の世界 ...

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレター登録

 

 

新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」講座

新里ひろきの「ノエル・ティルの心理占星術」 第三部 【3/11開始】【オンラインセミナー】


心理占星術界のトップ・リーダー、新里ひろき氏のオンライン・セミナー
アメリカと日本をインターネットでつなぎ、一流の奥義を学びます

第一部のご感想はこちら → ☆☆☆
第二部のご感想はこちら → ☆☆☆
第三部のご感想はこちら → 
☆☆☆
第四部のご感想はこちら → ☆☆☆

 

新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」マスタープログラムとは?

 

 

新里ひろきの「ノエル・ティルの心理占星術」 第三部
『レクティファイ・健康・人間関係・適職・まとめ』(全6回)

西洋占星術界の重鎮ノエル・ティルの本格心理占星術を基礎から応用まで教えます。
毎回ホロスコープ分析の実例を豊富に使用します。
質疑応答の時間も含めた実践的セミナーです。

 

高度な内容ですが、できるだけ土台から分かり易く教えていくつもりです。
第1部、第2部で学んだ技術が活きるので
ぜひ沢山の人に受けていただきたいと思っています。

新里ひろき

 

 

日時と内容


第1回:レクチフィケーション
再放送:2017年3月11日(土)〜3月24日(金)

第2回:健康
再放送:2017年3月25日(土)〜4月7日(金)

第3回:人間関係
再放送:2017年4月8日(土)〜4月21日(金)

第4回:適職判定(パート1)
再放送:2017年4月22日(土)〜5月5日(金)

第5回:適職判定(パート2)
再放送:2017年5月6日(土)〜5月19日(金)

第6回:まとめ:占星術コンサルテーションの準備
再放送:2017年5月20日(土)〜6月2日(金)


※上記放送期間中、ご都合のよい時間に2回視聴いただけます

 

 

内容詳細


第一部と第二部で、ノエル・ティル式のコンサルテーションの
ベーシックな理論は習得していただきました。

そして今回、第三部は、応用編・上級テクニックのご紹介となります。

第三部まで受講いただけますと、ノエル・ティル・マスターズコースの理論を100%以上カバーしたことになります。

なぜ100%以上!なのかといいますと・・・

ティル先生が適職判定のテクニックを完成させたのは
マスターズコース設立後なので、第4&第5回は
マスターズコースの範疇を越える内容となっているからです。

新里ひろき氏の「ノエル・ティル心理占星術マスターシリーズ」と
ノエル・ティル先生のマスターズコースの違いをざっと挙げてみると、
こんな感じになります:

ティル先生ご自身が開講されている
ノエル・ティル・マスターズコース(全19レッスン)は実践と経験重視なので、
1レッスンの宿題をこなして提出するのに5週間くらいかかります。
そして各レッスンの宿題の内容をティル先生が見て、その内容をテープに吹き込んで送ってくれます。

また生徒は実際のコンサルティングの内容を多数提出する必要があります。
卒業間際にはセッション録音も送付する必要があります。
そのようなやりとりの中でティル先生は各生徒の個性的スタイル(ユニークな長所)
を伸ばしてくれますので、非常に得るものは多いのですが
同時にかなりプライベートな内容に触れる事になります(生徒さんとクライアントさん双方)。

こういったマスターズコースの特徴はクラス形式で再現出来ませんが、
既に現役の占星家の方々は、オンラインセミナーの内容を日々のセッションで
消化吸収できる機会があるのではないかと思います。


つまり新里ひろき氏の「ノエル・ティル心理占星術マスターシリーズ」では
ノエル・ティル・マスターズコースの宿題やコンサルテーションの提出
といった個別指導の部分を除く理論的なカリキュラムは
100%以上カバーしているということなのです!


プライベートセッションの録音を送付してアドバイスを受けるという方式は
多くの日本人には馴染まない可能性がありますので
今後、なんらか別の形式でコンサルテーション技術を向上させるクラスを
企画したいと思っておりますので、楽しみにお待ちください。

 

 

参加資格

ノエル・ティル心理占星術理論のベーシックな知識がある方
※第一部、第二部を受講済の方を推奨。
※第一部、第二部の放送予定はトップページを参照してください。 

 

 

受講料

初受講料金:24,840円 (税込/振込期限2017年3月10日15:00)
再受講料金:12,420円 (税込/振込期限2017年3月10日15:00)
※振込み期限後の受講料は上記金額より500円アップとなります。

※キャンセル料
2017年3月10日15時まで:1,000円、
2017年3月10日15時以降:講座料金全額

 

 

必要なもの

インターネットに接続したパソコン、windows や Mac があれば、
YouTubeで動画を視聴していただく感覚でご参加いただけます。
インターネット速度は、光ファイバー、高速ADSLを推奨します。
モバイル接続は、音声が不安定になりやすいようです。
iPad や iPhone、マイクロソフトのEdgeには対応しておりません。
インターネットエクスプローラーやFireFox等のブラウザでご覧ください。

オンラインセミナーへのご参加方法
 

 

 

視聴方法のお知らせについて

放送開始前日24:00までに 、
参加パスワードと資料を添付ファイルかダウンロード方式で送付させていただだきます。
●規定期間外に再放送の視聴を希望される場合、別途1500円が必要です(1日毎)
※最長:規定期間の1ヶ月後まで。
●規定期間内に各レッスンを2回視聴いただけます。3回以上視聴される場合、別途1,300円が必要です(1回毎)
●この講座は、株式会社Triolite Japan26のオンラインセミナーシステムをお借りして開催いたします。

 

 

注意事項

個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、
音源、画像、出生データ、およびプライバシーは、ご自身の勉強のみにご利用ください。
第三者への開示、転送、公開は禁止しています。
講座日程は、諸般の事情により、変更になる可能性もございます。
万一、変更が生じた場合は、速やかにお知らせいたします。

 

 

お申込みフォーム

募集終了いたしました。
参加ご希望の方は、再放送リクエストにエントリーされてください。
一定のリクエストが集まりましたら再放送を決定いたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=680850

 

 

 

講師プロフィール

新里ひろき  Hiroki Niizato
  http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=80

エッセイ『ノエル・ティル先生との出会い

 

 

ノエル・ティル心理占星術をもっと詳しく

2012年5月から 新里ひろき氏の心理占星術講座スタート
ノエル・ティルのマスターズコースを日本語で受講したい
「心理占星術コンサルテーションの世界」は初心者には難しい内容
昨日から、新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」第一部がスタート
ミッドポイント表の出し方&日程変更
ソーラーアークを活用しましょう
募集期間延長:新里ひろきのノエル・ティル心理占星術マスター
シリーズ『第二部』
ミッドポイントを見るとき気になる小数点以下の表示
過去・現在・未来 4分間で何ができるか
天体の動きに素直に反応すると…気まぐれに見える?
新里ひろきの『レクチフィケーション』
心理占星術による健康問題へのアプローチ
投影
職業プロファイリング
心理占星術への理解が深まる重要な質疑応答
1月9日より再放送スタート!新里ひろきの『ノエル・ティル心理占星術』第三部
≪学ぶ喜び≫ 新里ひろきのノエル・ティル心理占星術
オリエンタル天体とは? 被害者をやめるとは?
健康の専門家ではない占星家が伝えられること

 

 

 

Q&A

【講座で使用する言語について】
新里氏は完全バイリンガルですが、母国語は日本語です。
今回のセミナーは日本語で開催します。

【領収証について】
領収証の発行はしておりません。
お振込み控えが領収証として公的に認められますので、大切に保管されてください。

【ご入金確認について】
ご入金確認メールは省略させていただいております。
期日までにご入金がなかった場合のみ、ご連絡させていただきます。

【資料について】
資料は画面共有されるだけでなく、添付ファイルにて配布させていただきます。
過去の再放送時の質疑応答をまとめたファイルも、すべてシェアいたします。

【第二部以降の受講について】
第一部の終了後、順に、第二部、第三部と、再放送を予定しています。
第四部は年に2回、第五部と第六部は年に1〜2回、再放送を行っています。

 

 

お問い合わせ

ご質問、不明点のお問い合わせは、以下のフォームからお願いいたします
http://form1.fc2.com/form/?id=748277

 

 

心理占星術研究会について

http://astro-psycho.jugem.jp/? eid=48

 

 

星

 

 

World Asology ... 占星術の世界 ...

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレター登録