ユキコ・ハーウッドさんの日本凱旋セミナー!(オンライン)

先月末に、イギリスのウィボストン・レイクスで行われた、英国占星学協会の第45回年次大会。
その大会で、「惑星の神々」シリーズや、「心理占星学コース」でおなじみのユキコ・ハーウッドさんが、 日ごろの研究成果を発表されました!

世界的な占星術の大会で、日本人がスピーカーとして招かれるなんて、めったにありません!

ましてや、英国占星学協会の年次大会といえば、一流のアストロロジャーだけが発表を許される場です。
この単発セミナーでは、そのときのユキコさんの発表そのままの内容を、日本語で行っていただきます。

世界のアストロロジャーたちがつい先月末に耳を傾けたばかりの、ほやほやの内容です。
しかも、テーマは日本のホロスコープ。
日本古来の宗教、神道と重ね合わせながら、日本のホロスコープを解釈していくことで
ICの解釈を深めていくという、非常に興味深い内容ですが
ユキコさんのご厚意により、非常にリーズナブルな受講料で受講いただけます!
ユキコさんが使う日本のホロスコープは、1952年4月28日のアメリカから日本に統治権が戻ってきたときのもの。
占星術ソフト、スターゲイザーでは「日米和平条約締結時」という名前でデータが入っています。
 ユキコさんのセミナー参加者のご感想はこちら ⇒ ☆☆☆
単発セミナー「ICの意味を探る: 日本のホロスコープと神道」

日程変更になりました!
【日 時】 2013年11月8日(金)      20:00〜22:00 全1回
      再放送:11月9日(土)13:00〜11月15日(金)

【受講料】   2,500円 (入金期限:2013年11月7日15:00)
 内容 
ホロスコープのIC (4室の始まりのカスプ) は「ふるさと、ルーツ」を表すと言われますが、このルーツの定義とは?
今回のセミナーでは、日本のホロスコープ(1952年4月28日 午後10時30分東京。
戦後、アメリカから日本に統治権が戻ってきた日)に、
日本古代の宗教、神道を重ね合わせながら、ICの意味を探っていきます。
心のふるさととは?
古代日本人が信じていた海の彼方の「根の国」とは?
私達に安らぎと畏敬の念を与えてくれる自然界の森羅万象。
様々な要素を織り合わせながら、この混沌とした世の中で、
私達がどのように心の底の澄み切った泉に耳を到達するか、が今回のテーマです。
なお、このセミナーは2013年9月27日から29日までイギリスで開催された英国占星学協会の年次大会で、
ユキコ・ハーウッドが初めて大会スピーカーとしてプレゼンテーションしたものの日本語版です。
イギリスをはじめヨーロッパの方々に日本を紹介する意味も兼ねて神道をモチーフに取り上げましたが、
日本の方々にも改めて魂の土壌を探るうえで興味深いものになることを願います。 
☆.* 注意事項 *.☆

  個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、音源、画像
  出生データ、およびプライバシーはご自身の勉強のみにご利用ください。
  第三者への開示、転送、公開は禁止しています。


 お申し込み 

現在、再放送リクエストを受付中です。
受講をご希望される方は、以下の再放送リクエストフォームから登録をお願いします。
リクエストが一定数に達しましたら、再放送を開始します。
http://form1.fc2.com/form/?id=680850
 
☆.* 講師プロフィール *.☆.
 ユキコ・ハーウッド
 http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=79

 ☆☆☆ユキコ・ハーウッドさんへのインタビュー☆☆☆
 http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=44
☆.* 参加に必要なもの *.☆.

   ・インターネットに接続したパソコン
   ※光ファイバー、高速ADSLを推奨
   ※高速モバイル接続は、音声が不安定になりやすいようです。
☆.* 参加方法 *.☆.
  
  WebEx というオンライン・セミナー・システムを使用します
  インターネットに接続したPCのスピーカーがオンになっていることを確認してください。 
  指定のURLにパスワードを入力していただくと、自動的に放送がはじまります。
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

 
メールアドレス