第三部『レクティファイ・健康・人間関係・適職』で学ぶことは?

 

新里ひろきのノエル・ティル心理占星術マスタープログラムの 第一部「出生図の分析」では
自分自身の基本的な欲求(ニーズ)や反応パターン、両親との関係など
自分自身の心のありようを見つめてきました。


そして、そんな自分が
社会に飛び出して社会と向き合い
【サバイバル】していこうとするとき


誰しも体験するであろうことは…


「人間関係」の悩み
「適性・職業・キャリア」の迷い


ストレスが蓄積して生まれてくる

「健康面」の問題


いずれも「自分らしさ」を表現していこうとするがゆえに
必ず起こってくる「葛藤」「課題」ですよね。


だからこそ
お客様からのご相談は、ほぼ、これらのテーマに集約されていきます。


これらのご相談に対応できるよう備えておかなくてはなりません。


もちろん、それらの悩みの根源をつきつめていけば
第一部「出生図の分析」で学ぶことに行き着くのですが


それだけでは抽象的なんですね。
 


つまり、第一部の学び、第三部の学びの両輪によって
深い分析が可能になっていくのです。


そして、その両輪を
第二部で学んだ過去・現在・未来の「時期読み」ツールをつかって
過去の出来事の中に今のテーマとのつながりを「実感」していただき
具体的な未来の計画の話し合いへとつなげていけます。

 

 

 

「第三部」で学ぶのは
「健康」「仕事」「人間関係」という「具体的なテーマ」の分析法です。

 

けれども、チャートだけを分析しているだけでは力不足。
世の中に出て行って実際に行動し、人生経験を積み重ねることも大切ですね。

 

「第三部」の学びは、まず
自分自身が自己実現していくためのサポートとして
役立てていただいています。


「レクティファイ」
自分自身の生まれ時間は、どの程度、正確なのだろうか。。。
と出生時間の検証に活用していただけます。


「第二部」で学んだ時期読みの習熟度や
象徴理解の深みが問われるのが「レクチフィケーション」です。

 

新里ひろきのノエル・ティル心理占星術シリーズでは

「第一部」という土台の上に
「第二部」「第三部」が積み上げられていきますが


コンサルテーションのための準備(=分析)の手順も同様です。


ですので「第一部」から「第二部」「第三部」と
順に学んでいっていただいています。

 

もし、第二部が難しかったので、第三部に学び進めるのは不安、という方は


第0部の位置づけにある

「ホロスコープの基礎」に立ち戻ってみてください。

 

● 新里ひろきのノエル・ティル心理占星術シリーズ ●

  第三部:レクティファイ・健康・人間関係・適職・まとめ

 

心理占星術研究会ニュースレターより抜粋編集