イギリス在住の占星家ユキコ・ハーウッドさんの英国心理占星術講座の再放送です。

 

大阪出身のユキコさんは、東京や大阪で占星術家として活躍された後、
英国心理占星術界の第一人者、リズ・グリーンの主催する占星学の専門校
CPA (The Centre for Psychological Astrology)に留学されました。

3年間のデイプロマ・コースを修了後、同じく占星術家の旦那様と結婚。
現在はイギリスで活動されていらっしゃいます。

心理占星術界のスター、リズ・グリーン氏から直接学ばれたユキコ・ハーウッドさんには
この講座を皮切りに「心理占星学シリーズ」「惑星の神々シリーズ」等を開催していただき、何度も再放送しています。
この講座は、それらの原型となるユキコさんの世界観や、イギリスの心理占星術の特徴がよく伝わる魅力的なプログラム群です。

 

 

ユキコ・ハーウッドの英国心理占星術の世界

日時と内容

1)魚座の海王星

視聴期間:2019年9月29日(日)〜10月12日(土)のうちご都合のよい時間

 

2)カイロン

視聴期間:2019年10月13日(日)〜10月26日(土)のうちご都合のよい時間

 

3)カイロンと海王星のコンジャンクション

視聴期間:2019年10月27日(日)〜11月9日(土)のうちご都合のよい時間

 

4)牡羊座の天王星

視聴期間:2019年11月10日(日)〜11月23日(土)のうちご都合のよい時間

 

5)国家のホロスコープ:日本のチャート

視聴期間:2019年11月24日(日)〜12月7日(土)のうちご都合のよい時間

 

6)蠍座に入る土星:土星のサイクル

視聴期間:2019年12月8日(日)〜12月21日(土)のうちご都合のよい時間

 

※同じ講義を全2回まで視聴いただけます。
※授業の進捗状況により最大30分、時間延長になることがあります。

 

 

各回の詳細

1)魚座の海王星

海王星は魚座の支配星で、公転周期は約165年。
2011年3月に一度、魚座入りして逆行。2012年2月から本格的に魚座に。
つまり165年ぶりに本来の座、我が家に帰ってきたとも言えるでしょう。
そして2025年まで魚座の空間を運行します。

海王星はギリシア神話の海の神ポセイドン。
その影響力は精妙で、海の水がヒタヒタと岩を侵食するように、
少しずつ少しずつ私たちの凝り固まった観念を溶かしていく、と私は考えます。
つまり皆が「確かなもの」と信じていたことが、揺るぎ始めるわけです。
海王星の波長と強く共鳴する時、人の心は不透明な不安感に呑み込まれがち。

さらに魚座の対角は乙女座。
対角の星座同士は全く異なる顔を見せながら、実は同一のテーマに取り組むと言われます。

このセミナーでは、海王星の性質への理解を深めるため、
前回、この星が魚座を運行していた時期に活躍したアーティストとその作品を参照しながら、
当時の世相とその背後に潜む集合的なサイキ、そして現在の私たちのテーマを探っていきます。

初級から上級、プロの方まで、どなたも楽しんでご参加頂けます。

 

 

2)カイロン

1970 年代に発見されたカイロンは、土星と天王星の間をイレギュラーな楕円軌道で巡る天体。
もっぱら「癒しの星」と言われますが、その意味がわかったようでわからない。
皆がみんな、カウンセラーやセラピストというわけではなし。
このカイロンの性質をどのように自覚して表現していけばよいのか、
その理解を深めるの がこのセミナーの目指すところです。

まず、ギリシア神話のカイロンがどうような存在であったのか、というところから話に入ります。
そしてホロスコープで際立ったカイロンを持つ人物を取り上げ、
その作品を通して、その人がどのようにカイロンの抱える痛みとギフト(贈り物、天分)を表現していったかを考えます。

誰のホロスコープを取り上げるかは当日のお楽しみ。
初級、上級からプロの方まで、どなたも楽しんでご参加頂けます。

 

 

3)カイロンと海王星のコンジャンクション

カイロンの公転周期はおよそ55年。
一方、海王星は約165年。
海王星より速いスピードで太陽の周りを巡るカイロンは、
海王星に追いつき追い越し、そしてまた追いつくわけです。

最近、この二つの星のコンジャンクションが起こったのは2008年、水瓶座で。
2012年10月現在も、カイロンは魚座の7度、
海王星は魚座の0度と、オーブ(許容角度)は広いものの、
この二つの星は寄り添ってたたずんでいます。

前回のコンジャンクションは天秤座で。
1945年9月、広島長崎に原爆が投下された直後に起こっています。

こ の「二つの星のデユエット」とも言えるコンジャンクションが送るメッセージとはどのようなものか、
1940年代にその時代を駆け抜けて生きた人物のホロスコープと、その作品を取り上げ、
カイロンが言うところの「癒し」と海王星の「夢とビジョン」について洞察を深めます。
誰のホロスコープを取り上げるかは当日のお楽しみ。内緒です。

初級、上級からプロの方までどなたも楽しんでご参加頂けます。

 

 

4)牡羊座の天王星

天王星の公転周期は84年。
2010年5月に一度、牡羊座入りして逆行。
2011年3月12日、本格的に牡羊座に。
2018年まで牡羊座の空間をトランジットします。

天王星が発見されたのは1781年。
仏革命、電気の発明と同時期です。
偶然か必然か人類はこの天体に、ギリシア神話の天空のウラヌスの名を与えました。
そして牡羊座は黄道12宮の始まりで火の星座。
天空の神が牡羊座に宮入り、とはどういう意味をもつのでしょうか。

他の外惑星との現在のアスペクトも含め、
1サイクル84年前、2サイクル168年前の世界の様相と照らし合わせながら、
今の私たちがどのような課題に直面しているのかを考えてみましょう。
さらに個人のホロスコープでの、天王星のトランジットについても話を進めていきます。

中級以上の方(占星学基礎知識をお持ちの方)におすすめのセミナー。

 

 

5)国家のホロスコープ:日本のチャート

私たちの誕生の瞬間の天体の配置図(ホロスープ)が、
人生の羅針盤としてナビゲーターの役目を果たしてくれるのと同様、
国家にもホロスコープがあります。

但し、人生80年に比べ、国の歴史は長い。
誕生の瞬間は1回というわけにはいかず、
大きな出来事を節目として、再誕生を繰り返すことになります。

近代日本のホロスコープは、明治憲法が制定された時を初めとして、
もっぱら3つのチャートが使われているようです。

今回は戦後、日米和平条約が結ばれた時、
1952年4月28日、東京、pm1:30のホロスコープを元に、
戦後日本の歩んできた道をふりかえりつつ、
さらに2011年3月11日、震災時のチャートも重ね合わせ、
今後私たちが抱えるテーマを探っていきます。

国家は個人の集合体。
国のチャートをひもとくことは、個人のホロスコープを読むうえでも参考になります。

中級者以上の方(占星学基礎知識をお持ちの方)におすすめのセミナー。

 

 

6)蠍座に入る土星:土星のサイクル

土星の公転周期は約29,5年。
この土星は2012年10月の蠍座入り。
以後、2014年暮れまで蠍座の空間をトランジットします。

土星はその公転周期が29年半ということから、
人生上の大きな節目、通過儀礼を表す星とも言えるでしょう。
占星学の教科書では「困難、孤独、拘束、病気、物事の遅れ」などと
マイナスイメージの名詞形容詞が目白押しで、
敬遠されることが多いようです。
しかし、ホロスコープの土星を消しゴムで消してしまうことはできない。
さて、一体これをどのように捉えればよいのでしょうか。

このセミナーでは、蠍座の土星の象徴的な意味を探ると同時に、
個人のホロスコープでの土星のトランジットを追って見ていきます。
私たちが人生の節目である関所をどのような姿勢でくぐり抜け、脱皮すればよいか、積極的に考えましょう。

中級以上の方(占星学基礎知識をお持ちの方)におすすめのセミナー。

 

 

受講料

初受講:17,280円(税込/入金期限2019年9月27日15:00)
再受講: 8,640円(税込/入金期限2019年9月27日15:00)

(5年前に収録した内容で過去の話題が入っているため、受講料を値下げしました)

※過去に単発受講された方は、初受講料から一講座につき2,000円オフになります。

※入金期限後の受講料は上記金額より500円アップとなります。
※規定期間外に再放送の視聴を希望される場合、別途1500円が必要です(1回毎:規定受講開始日より最大1ヶ月まで受付)
※規定期間内に再放送を3回以上視聴される場合、別途1000円が必要です(1回毎)

 

 

お申込み後のキャンセル料

 

 

必要なもの

インターネットに接続したパソコン、windows や Mac があれば、
YouTubeで動画を視聴していただく感覚でご参加いただけます。

インターネット速度は、光ファイバー、高速ADSLを推奨します。
モバイル接続は、音声が不安定になりやすいようです。

iPad や iPhone、マイクロソフトのEdgeには対応しておりません。
インターネットエクスプローラーやFireFox等のブラウザでご覧ください。

オンラインセミナーへのご参加方法

 

 

視聴方法のお知らせについて

放送開始前日24:00までに 、
参加パスワードと資料を添付ファイルかダウンロード方式で送付させていただだきます。
●規定期間外に再放送の視聴を希望される場合、別途1500円が必要です(1日毎)
※最長:規定期間の1ヶ月後まで。
●規定期間内に各レッスンを2回視聴いただけます。3回以上視聴される場合、別途1,300円が必要です(1回毎)
●参加URLとパスワードや資料等を紛失された場合、再発行手数料1000円が発生します
※最長:視聴期間の1ヶ月後まで受付
●この講座は、株式会社Triolite Japan26のオンラインセミナーシステムをお借りして開催いたします。

 

 

講師プロフィール

ユキコ・ハーウッド

ユキコ・ハーウッドさんへのインタビュー

 

 

お申し込み

注意事項

個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、
音源、画像、出生データ、およびプライバシーは、ご自身の勉強のみにご利用ください。
第三者への開示、転送、公開は禁止しています。
講座日程は、諸般の事情により、変更になる可能性もございます。
万一、変更が生じた場合は、速やかにお知らせいたします。

●資料を添付ファイルで送付しますので、PCメールアドレスからお申込みいただくか、
携帯メールアドレスでお申し込みの場合は、PCメールアドレスを連絡欄に記載してください。

●無料メールの不着トラブルが多発しています。以下のメールアドレス以外のメールアドレスでお申込みください。

@hotmail.com
@hotmail.co.jp
@outlook.com
@outlook.jp
@cloud.com      
@icloud.com
@me.com
@mac.com

 

お申込みフォーム

上記注意事項をお守りいただける方は、以下のフォームからお申込みください。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=f867a78de8499ca7

※<fc2form@fc2.us>から自動返信メールにて、受講料のお振込み先が記載された、お申込み受付のご案内をいたします。
Gmailの方は、迷惑メール、プロモーション、ソーシャルホルダーに入る可能性がありますので、
それらのホルダーもご確認ください。

※ヤフーメールやGmailをご利用の場合は、迷惑メールホルダーに入りやすいのでご確認をお願いします。

 

 

ご感想

英国心理占星術の世界を受講させていただきました。
ユキコさんの取り上げてくださるテーマはとても深淵で、講義にも凄味を感じます。
そのためか、過去も現在も含めて、自分自身の内面を深く洞察することを余儀なくされるので、
けっこうシンドイこともあるのです。
ただ、心理占星術が、ただの吉凶を占うものではないことに確信が生まれるのです。
もっと、若い時に出会っていたら、どうだったろうかと思ったりもしますが、
海王星も天王星もカイロンも、ある程度の人生を生きたからこそ受け入れられるものなのかな、とも思いました。
いろんなことがあったけれど心理占星術を学ぶ機会に恵まれたことには感謝です。
ユキコさんの講義の中では、CPAの個性的な先生たちのお話が出てくるのですが、
日本でも、学問としての占星術がもっと認知されるといいなと思いました。

 

 

関連記事

秋、スタートの講座、募集開始しました
アートと心理占星術
魚座の海王星
カイロン・・・・これまで使わなくてよかった
今週末、「カイロンと海王星のコンジャンクション」

 

 

Q&A

【領収証について】
領収証の発行はしておりません。
お振込み控えが領収証として公的に認められますので、大切に保管されてください。

【ご入金確認について】
ご入金確認メールは省略させていただいております。
期日までにご入金がなかった場合のみ、ご連絡させていただきます。

【資料について】
資料は画面共有されるだけでなく、添付ファイルにて配布させていただきます。
 

 

 

 

お問い合わせフォーム

ご質問、不明点のお問い合わせは、以下のフォームからお願いいたします
http://form1.fc2.com/form/?id=748277

 

 

心理占星術研究会について

http://astro-psycho.jugem.jp/? eid=48

 

 

心理占星術研究会のニュースレター

新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレターご登録ページ