リクエストを受けて、再放送決定!

イギリス在住の心理占星術研究家、ユキコ・ハーウッドさんによる「心理占星学」シリーズ 第2弾! テーマは「惑星」

 

ユキコ・ハーウッドの心理占星学コースについて

「心理占星学コース」は全3部に分かれており今回はその第二部(全7回)です。

全三部すべて受講していただくと、心理占星学の基礎が身につき
ネイタルチャートを読めるようになるようカリキュラムが組まれています。

「第二部」終了後、1ヶ月のインターバルをおいて、「第三部」が再放送され、
さらに1ヶ月おいて、ふたたび「第一部」が再放送されます。

そのため、「第二部」からスタートいただいても大丈夫です。
また、補強したいテーマだけ学んでいただくことも可能です。

 

第一部、第二部のカリキュラムは過去開催時の募集ページを参照してください。

「第一部」:サイン

「第三部」:ハウス、アスペクト

 

第二部は全7回。惑星について学びます。

 

ユキコさんの講座の特徴は、惑星を、ギリシャ神話やローマ神話に出てくる神々になぞらえて学ぶこと。

そして、一般的にホロスコープで扱う太陽系の天体は10個ですが
ユキコさんは、そこにカイロンを加えた11個の天体をとりあげます。

ホロスコープの中には11人の神々が住んでいる・・・
その11人の神々が、どのサイン、どのハウスに住んでいるのか
互いにどういう関係性なのか・・
ユキコさんは、そういう視点でホロスコープを読んでいきます。

私達は単一のように見えて
内側には相反するかもしれない
さまざまな欲望やニーズを抱え込んでいるのです。

そのどれをも否定せず
11人の内なる神様の声を丹念に拾い上げていくことが
自分自身を生き切ることにつながります。


なので、神様それぞれの個性を理解しておくことは
何においても重要なのです。

惑星(天体)への理解が深まれば深まるほど
内なる神様の潜在パワーを引き出せるようになり
人生において満足感や幸福感を得ることができそうですね。
 

初心者の方だけでなく、上級、プロの方にも多数受講いただいているセミナーです。

⇒「惑星の神々」との惑星の取り上げ方の違い

 

 

関連記事

惑星記号の霊的な意味&心理占星術はアスペクト読まない?
なぜ、その解釈になるのか?

 

 

ユキコさんからのメッセージ

新たに占星学の勉強を始めたい、すでに初級コースを終えた、
あるいはプロとして占星学のお仕事をしているけど順を追って復習したい、という全ての方におすすめのコースです。

例えば。初心者で「相性を知りたい」と思う方。
もっぱら「牡羊座と獅子座は相性が良い。牡羊座と天秤座は良くない」などと言われますが何故でしょう。

このコースでは、どのようにして両者の同調や葛藤が生じるのか、
地水火風の4つのエレメントを元に、心理面でのメカニズムを追ってみていきます。

それから。「占星学を一通り勉強したのに、ホロスコープを見ると、
習った知識の断片が互いに矛盾し合って、一つの意味を持ったものにならない」という方に。

ホロスコープの解読は、バラバラに散らばったビーズを一つのネックレスに編みあげていくようなクリエイテイブな作業。
つまり箱の中に転がったビーズに片っぱしから糸を通しても、きれいな完成品にはならないわけです。
どれを中央に持ってきて、どれを脇に持ってくるか。そこには基礎と経験プラス勘と閃きも必要。

このコースで、ホロスコープの要点をつかむ感性を磨いていきましょう。

 

さらに。「ホロスコープのリーデイングを何度もしてるけど、どうも当たらないという印象を受ける」と首をかしげる方。

ホロスコープに暗示された11の天体は、家庭の中の11人の子供のようなもの。
どの子にも均等に愛情を注ぎ、その子なりの個性を認めることが難しいように
ホロスコープの天体も、ある面が抜きんでて、他の面が抑圧されることはありがちです。

家庭で顧みられない子供が、いじけて腹を立てて周りを困らす。
これと同じように、サイキの中でも、無意識に抑圧された面は押入れの中で眠ったまま、
または歪んだ形で顔を出し、 人生上の様々な問題を引き起こすことが往々にしてあります。

なぜ可能性の種を平等に育てることができないのか。

その背後には、社会時代背景や親の境遇など、さまざまな要因が絡んできます。
ここを無視して、ホロスコープで見てとれることを、無理に本人に当てはめようとするとズレが生じがち。

このコースでは社会という集合体、家系というルーツが個人に与える影響もふまえて、話を進めていきます。

 

講師プロフィール

ユキコ・ハーウッド

ユキコ・ハーウッドさんへのインタビュー

 

ご感想

ユキコさんのセミナーは、
回を増すごとに占星学を学ぶ楽しさを実感させてくれています。
ユキコさんならではの美しい言葉をちりばめたお話は、深く心に響きます。

星のお話は、今現在の自分の状態にもシンクロし、
自身の内面に新たな発見やひらめきを与えてくれています。
ユキコさんのような素敵な方のセミナーを開催してくださり、感謝致します!
ありがとうございます (Y.O さん)

 

心理占星学シリーズのご感想はこちら ⇒ ☆☆☆

 

 

詳細

日 程

2017年7月29日(土)スタート(全7回)

 

受講料

初受講料:21,000円

再受講料:10,500円

一部再受講:受講済の回数分、初受講料より1500円引きになります

※一部再受講の方は、事務局で料金を計算し、お知らせいたします。
   事務局より連絡が届いてからお支払いいただくため、お早目のお申込をお願いします。

■ 第二部・第三部一括払い ■
合計:42,000円のところ38,000円
(一括払いご入金期限:2017年7月28日15:00
※第三部の日程は、第三部まで一括払いいただいた方と相談

 

 

視聴スケジュール

※期間内に録画を2回視聴いただけます

 

7)惑星の公転周期、惑星記号の意味

2017年7月29日(土)〜8月4日(金)のうちご都合の良い時間

 

8)太陽系宇宙のメカニズム

2017年8月5日(土)〜8月11日(金)のうちご都合の良い時間

 

9)太陽と月:内なる父と母

2017年8月12日(土)〜8月18日(金)のうちご都合の良い時間

 

10)内惑星:水星、金星、火星

2017年8月19日(土)〜8月25日(金)のうちご都合の良い時間

 

11)外惑星:木星、土星、カイロン

2017年8月26日(土)〜9月1日(金)のうちご都合の良い時間

 

12)土星外惑星:天王星、海王星、冥王星

2017年9月2日(土)〜9月8日(金)のうちご都合の良い時間

 

13)惑星のエギザルテーションとフォール

2017年9月9日(土)〜9月15日(金)のうちご都合の良い時間

 

 

必要なもの

インターネットに接続したパソコン、windows や Mac があれば、
YouTubeで動画を視聴していただく感覚でご参加いただけます。

インターネット速度は、光ファイバー、高速ADSLを推奨します。
モバイル接続は、音声が不安定になりやすいようです。

iPad や iPhone、マイクロソフトのEdgeには対応しておりません。
インターネットエクスプローラーやFireFox等のブラウザでご覧ください。

オンラインセミナーへのご参加方法

 

 

視聴方法のお知らせについて

放送開始前日24:00までに 、
参加パスワードと資料を添付ファイルかダウンロード方式で送付させていただだきます。
●規定期間外に再放送の視聴を希望される場合、別途1500円が必要です(1日毎)
※最長:規定期間の1ヶ月後まで。
●規定期間内に各レッスンを2回視聴いただけます。3回以上視聴される場合、別途1,300円が必要です(1回毎)
●参加URLとパスワードや資料等を紛失された場合、再発行手数料1000円が発生します
※最長:視聴期間の1ヶ月後まで受付
●この講座は、株式会社Triolite Japan26のオンラインセミナーシステムをお借りして開催いたします。

 

 

お申し込み

注意事項

個人情報および著作権の保護のため、本講座で使用する資料、音源、画像
出生データ、およびプライバシーはご自身の勉強のみにご利用ください。
第三者への開示、転送、公開は禁止しています。

 

お申し込みフォーム

募集終了いたしました。
参加ご希望の方は、再放送リクエストにエントリーされてください。
一定のリクエストが集まりましたら再放送を決定いたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=680850

 

 

各回の内容

7) 惑星の公転周期、惑星記号の意味

ホロスコープを読んでいく上で大切なのが、惑星の公転周期。
月のように27日あまり(27,3日)で黄道上を一周するもののあれば、
冥王星のように248年かけて一巡りする壮大な天体もあります。

このことを思うと、どの天体が「私」というパーソナルな個人に大きく関わり、
どれが「集合体の一部」としての個人のサイキに働きかけてくるのか、その違いがよくわかります。

それぞれの惑星の意味を考える前に、この公転周期が表すものを自分なりにとらえてみましょう。

さらに惑星記号は基本的に円、半円、十字の組み合わせですが、それぞれの記号の霊的な意味についても考えます。

 

8)太陽系宇宙のメカニズム

今回は太陽系の天体の営みについてのお話です。
月食と日食のメカニズム。
ドラゴン・ヘッドとテイルと呼ばれる月の昇降点について。
また見かけ上の惑星の逆行現象は何故起こるのか?

さらに現在、「水瓶座時代の幕開け」と言われますが、地球の歳差運動によって生じる春分点の移動動。
そこから生まれる2千年単位の「ツアイト・ガイスト」(時代精神)についても考えます。

 

9)太陽と月:内なる父と母

ギリシア神話のアポロンは太陽の神。そして双子のアルテミスは月の女神。
ゆえにホロスコープの中の太陽は男性性、父性のシンボル。
本人が意識して努力してそうなろうとする究極の自画像を物語ると言われます。

一方、月は女性性と母性を表す。私達が気を張っていない時、ふとした瞬間に出る無意識の反応を暗示します。
私達の生き様は、両親の人生に負うところが大きいのですが、
大人になった今、改めて内面の父性と母性の折り合いをつけることは、豊かな未来の青写真のポイントに。

今回は、内なる父と母の統合にスポットを当てながら、ホロスコープの2本柱とも言える、太陽と月の性質を学びます。

 

10)内惑星:水星、金星、火星

「神のメッセンジャー、マーキュリー、水星」「美と愛情のアフロデイーテ、金星」「戦いの神、アレス、火星」との三つは、
太陽が示す確固とした「自我」を築き上げていく上で、大切な旅のお供。
この三つが健全に表現されないと、太陽が表す自分なりの人生観が育たないわけです。

この回では、水星、金星、火星の基本的な働きを追ってみていきます。

 

11)外惑星:木星、土星、カイロン

ギリシア神話のゼウス(木星)は全知全能の神。
よってホロスコープの中の木星は「幸運のありか」を示す。
一方、土星は「忍耐と孤独の星」と一般には解釈されているにも関わらず、
木星と土星は「ペアの賢者」と言われます。この解釈は?

また木星の公転周期は12年。土星は29,5年。カイロンは約50年。
こういったことから、いずれも人生の節目を表すのに適切な星、と私は考えます。

人生の分岐点で、どのように啓発と学びを得るか、考えてみましょう。

 

12)土星外惑星:天王星、海王星、冥王星

トランス・サタ二アン・プラネット、天王星、海王星、冥王星はその公転周期が長いことから、
世界、国家の動向と深く関わりがあると言われます。

そして私達一人一人が、その国家を構成して世界に貢献しているわけです。
太陽が表すしっかりした「自我」が育っていないと、この土星外惑星の表す世相の波に翻弄されてしまいます。

「個人と集合体の関わり」に焦点を絞りながら、土星外惑星の性質を考えましょう。

 

13)惑星のエギザルテーションとフォール

12の星座にはそれぞれを司る支配星が定められています。
「餅は餅屋」と言われるが如く、それぞれの神様(惑星)には持ち分(本来の星座)があります。

持てる資質をさらにスムーズに発揮できる星座に行くこともあれば、
たまたま本来の持ち分とは大きく肌合いの違う星座にいってしまうこともある。
俗に言う「ミス・マッチ」です。
このミス・マッチの星座に行ってしまった神様がうまく表現されるには、自分なりの創意工夫が必要。

今回はそのユニークな表現方法をテーマに話を進めます。

 

 

Q&A

【領収証について】
領収証の発行はしておりません。
お振込み控えが領収証として公的に認められますので、大切に保管されてください。

【ご入金確認について】
ご入金確認メールは省略させていただいております。
期日までにご入金がなかった場合のみ、ご連絡させていただきます。

【資料について】
資料は画面共有されるだけでなく、添付ファイルにて配布させていただきます。
過去の再放送時の質疑応答をまとめたファイルも、すべてシェアいたします。

【第二部以降の受講について】
第二部の終了後、第三部の再放送を予定しています。
第四部は年に2回、第五部と第六部は年に1〜2回、再放送を行っています。

 

 

お問い合わせ

ご質問、不明点のお問い合わせは、以下のフォームからお願いいたします
http://form1.fc2.com/form/?id=748277

 

 

心理占星術研究会について

http://astro-psycho.jugem.jp/? eid=48

 

 

花

 

World Asology ... 占星術の世界 ...

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレター登録