こんにちは、心理占星術研究会のKyokoです。


新里ひろきの『ノエル・ティル心理占星術』マスタープログラム
受講生さんからのご質問で、たまに見受けられるのは…


「◎◎ハウスに入っている冥王星の意味を教えてください」


というようなタイプの質問です。


新里先生の答えは以下のようなものです。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


全てのチャートを見る「答え」となる
クックブック形式(各ハウスの天体の解釈の羅列)
の説明をお望みな気持ちはよくわかるのですが、
ティル先生はこういった教え方はされません。


ティル先生は、30冊を超える著書の中に、
一冊もクックブック形式の本を出していないのです。


当然、「書けなかった」のではなく、
クックブック形式の暗記は学びにはつながらない、
という考えから「書かなかった」のです。


「この天体がこのハウスならこういう意味」
という教科書を暗記するだけで占星術家になれれば
とても簡単なのですが、実際はそうはいきません。


クックブックに頼る占星術家は、
クライアントの現実とはかけ離れた解釈をしてしまうことが多く、
自分の力で出生図を理解する事ができないのです。


「ハウス」の意味を深く理解して、その中の「緊張」が何を意味するか、
多くの人の人生経験と照らし合わせて考えていく方が、
現実的な解釈のできる占星術家になる近道だと、私も考えています。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


クックブック形式のマニュアルとは


「○○座に入っている金星の意味」
「▲▲ハウスに入っている火星の意味」


という、◎◎に入っている××は、こういう意味。
というような、説明の仕方です。


よくある占星術の教科書や、よくある占星術の講座では、
上記のような説明がされていますね。


ホロスコープは、10天体、12サイン、12ハウスの絡み合いによって
同じ6ハウスに入っている金星でも、現れ方は人それぞれ。


だから意味を限定してまう説明はしない。


そして、ノエル・ティル占星術においては
その天体がどのハウスに入っているか、より
その天体がどのハウスを支配しているか、のほうが重要です。


西洋占星術の基礎をひととおり学んだ
あるいは中級まで学んだけれども
ホロスコープを読めるようにならない


そんな、ご相談を受けることがよくあります。
それは、クックブック形式で学んでいるからだと思います。


ノエル・ティル心理占星術は
そのような学び方とは根本的に異なる占星術です。


第一部「出生図の分析」で
そのような発想の転換、気付きが起こることが
第二部、第三部の内容を真に理解するために必要です。

 

 

月 新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」マスタープログラムとは?

 

新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」マスタープログラム

最新の開催情報は、トップページをご覧ください。