これで大体解る! 『ヨーガ・スートラの世界』 〜道を歩む人のための最良ガイドブックを解説する講座〜

 

ご参加いただいた方から、ご感想をいただいています。

 

 参加者の方々のご感想 

 

『 昨晩は非常に有意義な時間でした。

ヨガって私の中のイメージでは、インドのヨガ行者なのですが、
あれだけ修行するので、やはりさとり系の何かだろうと
漠然と思っていましたが、今まで接触の機会がありませんでした。

今回、触りの部分だけとは言え、ある程度系統立てて勉強できたのは良かったです。

松田先生と、私の仏道修行の師匠は、
三昧(サマーディ)に関して、同じようなことを言われていて、
(中略)
松田先生の言葉はとても印象深かったです。とても心に沁みました。
やはりそうなのだな、と妙な確信を持ってしまいました(笑)

私は、道を歩む(さとりを目指す)ことに関しては非常に世界が狭く、
ヨーガはおろか、他の方法についても殆ど知ることがありません。

自分自身、今行っている冥想法に、けっこう必死なので
ヨーガを実践するかどうかはわかりませんが、
他の方法を勉強することも また必要なことなのではと感じました。

私の師匠も世界各地の聖地を宗教の別なく巡礼を繰り返していて、
他宗教の知識を取り入れておられるので、
ヨーガと師匠の教えに共通点が多いのも道理かもしれません。

道を歩むのに、これだけあればいいということはない、
ということでもあると思います。

今回の受講を機に、ヨーガから、私も様々勉強してみたいと思います。

松田先生のお勧め頂いた、註解書を購入して自分なりに学習してみますね(^^)
また続編の受講など企画して頂ければありがたいです。

 

 

『 昨晩の講座、とても有意義でした。ありがとうございました!
松田先生は、語り口が丁寧でわかりやすかったです。
よい先生だと思います。

私にとって、目から鱗のアプローチでしたし、
修行、ワークをすることの意味を再認識することが出来て、
いいタイミングで救いの手が差し伸べられたという感じです。

私たちは決して自由ではない。
プログラムの奴隷である。
グルジェフ「僕たちは監獄の中にいる」

この仕組みについて、教えてくれるインド哲学、
実践ガイドとしてのヨーガスートラは有効ですね。

今月から、自分の時間、仕事の方向性を、徐々に変えていっています。
新しいステージにシフトしようとしている感じです。

そんな中、「ワーク」がテーマとして大きくなるだろうことも実感できた次第です。
どうも、ありがとうございました。

 

 

ヨーガについては、巷のエクササイズか、あるいはインドの宗教的修行のようなものか・・・。
それくらいの認識しかない状態で参加してしまいましたが、

そんな私でもとてもわかりやくすく楽しく受講させていただきました。

 

ただの解説ではなく、物の見方や考え方、目的など本質的なことから、

体系立ててお話いただけたので、とても納得のいく内容でした。

 

ワークをして、サマーディというプレゼントが受け取れるかどうか。

楽しみながらワークをしてみたいと思います。

オススメの本を教えていただけたのも嬉しかったです。ありがとうございました。
「ヨーガ・スートラの世界」の深掘りバージョンも聞いてみたいです。

 

 

ヨーガはすこし体験したことがあるだけで、「健康によい」というイメージでした。

講座を受けて、ヨーガの目ざすものについて、こういうものだったのか!とはじめて知り、興味が深まりました。

前回のグルジェフ講座でもそうでしたが、「人間は感情にとらわれているとき、檻の中にいる」、という考えを知ることで、

自分自身の体験と照らし合わせて、ハっと目覚めるきっかけになりました。

そういうまなざしで人間関係を見てみると、ほとんどが感情にとらわれて、

自分自身の狭いフィルターの中で判断していることが多いな、と思います。

ヨーガで説明されている意識の状態、自分でそこに変えていけること、

とても面白いと思います。自分しだいで世界が広がりますね。

 

ここまで、精神世界の勉強を、好奇心と、何か求めているものが満たされる感覚があるので、続けてきました。

今回の講座で、「悟り」を求める人間の歴史、というか、その意味、について教えていただき、

好奇心からさらに一段階進み、自分が学んでいるものを生かす方向もよりハッキリと見えてきました。

松田さんの語りは丁寧で分かりやすく、質問にも気さくに答えてくださり、楽しかったです。

ありがとうございました。

 

 

 

 スタッフの感想 

 

『ヨーガ・スートラの世界』の感想  ...  Kyoko